Profile
  メッセージを送る
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
米粒写経HP
米粒バナー
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。 オフィス北野所属。
アニメ会公式HP アニメ会公開秘密基地
アニメ会バナー
「オタク芸人トークユニット」アニメ会のホームページ。 サンキュータツオもメンバーのひとり。
東京ポッド許可局
東京ポッドバナー
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ、3人の文系芸人が行間を、裏を、未来を……読むラジオ。エンターテイメント(楽しい)とインタレスト(興味深い)を両立させた「おもしろい」があるポッドキャスト。毎週日曜日更新。
アニメ会のポッドキャスト「ヲタめし」
ヲタめしバナー
アニメ会(国井咲也、三平×2、サンキュータツオ、比嘉モエル)でお送りするポッドキャスト。これさえ聴けば、いまどのアニメがおもしろいのか、いまアキバ系でなにが熱いのか一発だ! というわけで、いますぐ「ヲタめし」あれ! 毎週火曜日更新。不定期出演。
漫才バカ一代
漫才バカ一代バナー
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。 漫才バカ一代のページ、またinfo@kometsubu.comでもご予約受け付けます。
オフィス北野
オフィス北野バナー
所属事務所のオフィス北野です。
北野笑科大学
北野笑科大学バナー
携帯で事務所のタレントのネタが見れる!?
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
  • 【『栄養と料理』連載:2月号「グルメ」 サンキュータツオのそのコトバ、国語辞典に聞いてみよっ】
    akikom (11/13)
  • 歌詞が頭に入ってこない
    とも (10/26)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    薔薇が咲いてるね (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    はー (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    ひー (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    ふー (10/19)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    てつ (10/14)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    いー (08/01)
  • 【4/23(日)サンキュータツオ プロデュース公演「ていおん!」下北沢シアターミネルヴァ 来てね〕
    koko (05/25)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    とたか (05/19)
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】

TBSラジオ、全国16局ネットの私たちの番組

「東京ポッド許可局」

そのジャパンツアーを、

今年は4月愛媛松山、5月は金沢、6月は札幌、7月は福岡、8月は名古屋、

そして9/16に東京有楽町よみうりホールで行いました。

 

ご来場くださった全国の許可局員、ありがとうございます。

 

 

いままで夏は2000人規模でやってきましたし、いつも満員のお客様だったので、

今年はやや小さめのホール、すぐ売り切れてしまって、

来られず悲しい想いをした方々もいらっしゃると思います。

いま、東京には小屋がありません。

2000人規模は特に争奪戦が激しく、地方の方も来られる土日がないんですよね。

 

まずは、来てくださったお客様にありがとう、

来られなかったお客様にすみません、

そんな気持ちのツアーでしたが、

その代わり今年は「会いにいけるおじさん」から「会いに行くおじさん」に。

2017年は地方を巡ろうということで、

地方公演をやったわけです。

 

各公演での様子は販売したパンフレットに詳しく書かれていますので、

割愛します。


2008年3月、ネットの片隅でひっそりとはじまった番組が、

3年後の2011年には最初の日比谷公会堂、

その後2013年からTBSラジオという最強の地上波ネット局で放送されることになり、

その後も28時から27時台、現在の24時台と時間を変えて続いており、

来年で10周年を迎えます。

 

トリオでもない私たちが、

どこまでいきなにをみせるのか、

これはひとつの時代を象徴するなにかだという使命でやってます。

おじさんが3人ではじめて、3年で日比谷公会堂って、

ちょっとお笑い界では異常事態なのです。

 

時代に選ばれているものなんだと思います。

普通のペースではない売れ方なので。

ただ、私たちは常にこの「東京ポッド許可局」でなにができるのか、

つねにおもしろいほう、売れそうなほう、

こういった手法を試してみたい、こういったことをやってみたい、という、

「攻めの姿勢」を貫ける体制は維持しています。

 

もしこれがネタで天下取ろうみたいな、

従来のメディアの売れ方に依存した形をとっていたら、

きっともっと守りに入ってしまいます。

こういうこというのやめようとか、

ウケたほうでいこうよとか。

 

でも、私たちはトライアンドエラーを続けてここまできました。

おもしろい選択肢で勝負してきました。

2017年はそういう意味では、全国6か所のツアー、

そしてゲストを入れないストロングスタイル、

さらには各公演でのパンフレット販売、などです。

 

これまでの知見を活かしつつ、さらになにかを積み上げられないかを考えています。


TBSのスタッフは、放送でもイベントでも、いつももっとも私たちにストレスのかからない環境を用意してくれ、

また「自由」を与えてくれています。

これはやめろ、あれを話すべき、こう進行しろ、はなにも言いません。

 

また、今年から放送のスポンサーについてくださったレナウンさんも「金は出すけど口は出さない」をモットーにしてくれていますし、

hontoさんも、特定の出版社の書籍だけを扱ってくれなどとは一切言わず、また選書もすべて自由にやらせてくれます。

 

こうしたスポンサー様にも恵まれています。

「自由」をこの番組のコンセプトといってもいいかもしれない。

「自由」をブランドとしたとき、集まってくる人たちが、仕事仲間なのかもしれない。

 

必ずリスナー、制作スタッフ、スポンサー、そして私たちが満足できるものを、

これからも追求します。


 

こうした「なにか」にチャレンジできるのは、

実際に毎週番組を聴いてくださっているみなさん、

そしてつぶやいたり、物販を買ってくださり、「目に見える結果」を出してくれる人がいればこそ。

そうすれば、愛のない人も動かすことができます。

全国の会場に来てくださった許可局員の姿を見れば、

この番組が上向きか下向きか、この目にはるかはらないかは一目瞭然です。

だから、頼もしい。

番組のことはお客さんを見ればわかります。

 

いろんな関係者は口を揃えてこういいます。

「こんないいお客さんは、どのライブシーンにもなかなかいない」と。

ありがたいことです。

 

許可局でできることはまだまだありますし、

まだまだ知られていない場所がたくさんあります。

「都市型政党」とはよく言ったもので、

温泉で中国人観光客に間違われたマキタさん、

松山では半分の客入り、

私なんかは街を歩いていても私のことを知っている人はほとんどいません(だから楽でいいんですけど)。

 

ですけど、だれにでも知られる必要はないにしても、

まだ私たちのことを知って喜んでくれる「潜在的許可局員」はたくさんいるはずです。

出会うべくして出会う。

そのキッカケをもっともっともてるといいなと思っています。


 

極端な話、許可局というユニットと番組は、

どんな遊びでも受け入れる土壌と覚悟がありますので、

これからもまだまだ攻め続けます。

いつ終わってもいい、というのは覚悟の気持ちの裏返しです。

だからなんでもできるんです。

こわいものなんかないんです。

 

だから、長く続けることも大事ですけど、

それを目的としているわけではなく、

もっとおもしろい状況にすべく活動してます。

 

だから、あなたの時間とお金を私たちに割いてくださっているその労力を、

けっして無駄にはしません。

 

これからも追いかけ続けるように。

 

いつもありがとうございます。

 

ごきげんよう。

 

2017.09.17

posted by: サンキュータツオ | ラジオ | 16:22 | comments(4) | trackbacks(0) |-
【フジテレビ『ノンストップ!』出演 国語辞典特集】





8/28、
フジテレビ『ノンストップ!』、
国語辞典特集で出演しました。

久しぶりに設楽さん、又吉さんとご一緒できてうれしかったなぁ。

三省堂書店さん、岩波書店の平木さん、境田稔信さん、
ご協力ありがとうございます。

若いディレクターさんががんばって勉強してくれました。

ひとりでも、国語辞典に興味持ってくれたらいいな。

posted by: サンキュータツオ | フィールドワーク | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【『平成二九年度米粒写経 例大祭』チケット発売!残席わずか 8月から落語協会に入りました】

『米粒写経 例大祭』、

今年も二日間やります。

10/31(火)、11/1(水)です。

 

チケットはこちら!

米粒写経 例大祭

電話予約やローソンチケットはこちら

 

初日にけっこう売れたらしく残席が限られてきました。

8/26『米粒写経のガラパゴスイッチ』でも用意していた先行チケットは完売。

ありがたいことです。

 

米粒写経が今年も「例大祭」開催、落語協会入りも決まって新たな意気込み

お笑いナタリーさんが記事にしてくれました。

ありがたい!

そうそう、この8月1日から落語協会に入りました。

今後は、都内の寄席などでもお会いできる機会があるかと思います。

なるべくネタを少しずつ変えて自分たちも楽しめるようにしていきます。

 

『米粒写経のガラパゴスイッチ』に出てくれた春日太一さんと。

 

寄席、そして『例大祭』で待ってるぞ!

 

2017.08.30

 

posted by: サンキュータツオ | お知らせ | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【朝日新聞書評委員の仕事】

この4月からはじまった仕事がいくつかあるんですが、とても楽しい仕事が書評委員の仕事。

朝日新聞の毎週日曜日の書評欄に、書評を書いています。

「書評を書く」って言葉が重なっていそうで重なってないやつですね。

 

iPhoneImage.png

 

隔週で委員会に出席し、まず読む本をゲットします。

書評委員全員で集まって、読みたい本に入札していき、入手できるかどうかがカギになります。

また、この委員会で、読んだ本の感じを全員の前で述べます。

人の本の感想というのはとても面白い。また、この委員会ではなぜ読んだ本を書評しない道を選んだのかということも述べ合うので、大学院のゼミのときのような雰囲気もあって大変勉強になります。

現行のメンバーになってからは、私が一番年下なので、勉強になることばかり。

そろそろ委員のみなさんの顔と名前も一致してきて(お名前は以前から存じていたが、顔を知らない、といったパターンが非常に多いんですよね。みなさんタレントではなくて専門家なので)、毎回行くのが楽しみです。

 

iPhoneImage.png

 

タイミングが合えば書評を書かせていただく機会を与えられ、

400字、800字、1100字と求められる分量を書いていき、掲載となるわけです。

紹介したいけど、タイミングが合わなかったり、

読んで楽しかったけど書評には向いていなかったり、

似たようなジャンルが重なって書評できなかったり、

ほかの人に取られてしまい書評できなかったりすることもあります。

だから、読んで楽しかった本の書評が無事掲載となったときは、なにかその本と運命めいたものを感じます。

 

本を読むことが仕事になるなんてこんな幸せなことないじゃないかと、10年前の自分なら言ってかもしれないですけど、

この仕事は責任重大です。

責任の二文字が嫌いでこの職業に就いているところがあるので、なかなか複雑ですが、どうにか折り合いをつけて楽しんでいる。

 

先日は『ゲームの支配者 ヨハン・クライフ』という大書を書評しました。

これまで書評する機会に恵まれた本(運命の本たち)は下記のような本です。

 

ジェシー・ぺリング著 鈴木光太郎訳

なぜペニスはそんな形なのか ヒトについての不謹慎で真面目な科学』(化学同人)

 

長谷川昌一著

オレたちのプロ野球ニュース 野球報道に革命を起こした者たち』(東京ニュース通信社)

 

樫尾幸雄著 佐々木達也(聞き手)

電卓四兄弟 カシオ「創造」の60年』(中央公論新社)

 

出口逸平著

研辰の系譜 道化と悪党のあいだ』(作品社)

 

内藤正人著

うき世と浮世絵』(東京大学出版会)

 

山本淳子著

枕草子のたくらみ 「春はあけぼの」に秘められた思い』(朝日選書)

 

窪園晴夫編

オノマトペの謎 ピカチュウからモフモフまで』(岩波科学ライブラリー)

 

武田康夫著

地球は本当に丸いのか? 身近にみつかる9つの証拠』(草思社)

 

ディートリッヒ・シュルツェ=マルメリンク著 円賀貴子訳

ゲームの支配者 ヨハン・クライフ』(洋泉社)

 

これまでは以上の9冊。400字のものもあったけど、当然のことながら上記のプロセスを経ているので、私にとってはどれもおもしろい本でした。

もちろん、書評にいたらなかった本も幾冊もありますが、そこは縁なのでしょう。

自分なりに考えを整理することと、知らない人に興味を持ってもらうような場所で書評するということ。正解のわからない難しい作業ですが、だからこそやりがいのある仕事だともいえますね。

 

芸人が書評書くなんて、と思われる方が読者のなかにも、著者のなかにもいらっしゃるかもしれませんが、

私はあまりそういうのは気にしない質です。ようは「なにを書くか」で勝負するものだと思っています。

肩書で勝負しているわけではないです。

これまでうれしかったのは、書評欄に、オードリーの若林さんがインタビュー掲載されてて、ピース又吉さんの小説が書評されてて、私が書評を書いていたっていう日でしたね。三人も芸人が書評欄に登場した記念日でした。

 

『研辰の系譜』の出口先生はわざわざお礼状まで書いて送ってくださり感謝です。

本は、書いた人が一番えらいです。感謝をいうのはこちらです。

 

書評は、たくさん書いて文字数削っていくのも大変、そのぶん命も削ってます。

けれど、楽しいです。

 

あと1年半がんばる!

 

ということで、なにを言いたいのかというと、私はこのほかにBLなども読むので忙しいので、献本などされても読むひまがないので献本とかはしないでください、読みたい本は買います、という話。

って、かわいくないね☆

 

2017.08.30

posted by: サンキュータツオ | 書き物 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【サンキュータツオ著『もっとヘンな論文』発売】

とってもいまさらですが、

5月の下旬に『もっとヘンな論文』という本を

KADOKAWAさんから出版しました。

 

あまりに忙しすぎてツイッターの告知しかできない期間が長すぎました。

大学が夏休みに入りかけていて落ち着いていまブログ更新中。

毎日ギリギリの時間で働いてるわけですよ、

こちとらNBAとツールとアニメと横浜ベイスターズを追いかけている忙しい身なので。

 

というわけで、

お願いです買って読んでください。

 

つまるところ、

こういう本が出せて、そして売れるってことに、

いまの自分の存在意義があるわけです。

売れなくなったら表に顔出して活動している意味半減ですからね。

本が売れなくなったら即引退!

 

というわけで、出版記念イベントは、

紀伊國屋書店さんのイベントホールで、

「「坊っちゃん」と瀬戸内航路」の山田廸生先生をお迎えして、

ニギニギしくお送りしたわけです。

たまんないなあ!子どものころから知ってるあの紀伊國屋書店でイベントできるなんて。

この本は研究の楽しさの詰まった一冊になったと自負しております。

 

いろいろネットや雑誌やラジオで、インタビューなど掲載されています。

よかったら読んでみてね。

 

「おっぱいの揺れとブラのずれ」…サンキュータツオのヘンすぎる研究に爆笑、感動! 学問の奥深さにふれられる名著

こんなわかりやすい釣り見出しあるかよ!しかも前著のだよ!と、日本で一番早くツッコミましたが、大目に見るように。

 

世の中には「おっぱいの揺れ」を研究している人がいた…おもしろすぎる「ヘンな論文」たち

結局「おっぱい」ばかり取り上げるのね…。少しおっぱいばかり見られる女性の気持ちがわかる気がします。

 

ま、いろいろ大目に見てくれ。

 

2017.07.26

posted by: サンキュータツオ | 書き物 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【成城大学 2017年春夏学期】

この春から日本人相手に授業をもつことになった成城大学。

東谷護先生にお声かけいただき、文章表現の授業をやることになりました。

 

しかも初年次教育といって、

大学入り立ての10代の子たちに、

書く、読む、議論する、

みたいなの教えてねっていうザックリ授業で。

 

さらに、

授業を受ける学生は、

自動振り分けでただそのクラスになるわけで、

つまり取りたくて取っている授業ではないという、

行きずりの関係なわけですよ。

 

ぶっちゃけ日本の大学生のやる気のなさって

日々留学生に触れているとうんざりしちゃうし、

しかもこちらのことにもまったく興味なし、

ただの消化試合という状態に、

どうしようかと授業をはじめる前には思いました。

 

大学は小田急線の成城学園前、

木曜の午後は13時入りでTBSラジオの「デイキャッチ!」の仕事が毎週あるのだけれど、

小田急から直通でいけちゃうので2限に授業ができてしまうこともあり、

こうなりゃ怖いもの見たさでやってみるか!

と、日本人相手にやりたい放題やっちまおうと意気込んだわけです。

 


 

しかしこの大学の学生たちは、

おおかたやる気があり、

大学に入り立てっていうのもあるのか、

まだうぶでちゃんと話を聞いてくれました。

(もちろん最初から寝てるバカは一定数います。

 お金払って朝から寝に来てるわけですが、

 自分の大学生だった頃は授業すら来ていなかった系だったので、

 まったく否定できません。後になって後悔してくれたらそれでよい)

 

文章も面白いのから真面目なのから、

いろんなことを書いてくれて、

毎週手書きでちょっとした文章を書いてもらったりして、

それを授業でシェアしたりもしたんだけれど、

最終的には文字を見ればだれのかわかるくらいのとこまでいけました。

 

できれば、1年生の彼らが、4年の最後の半年を迎えるとき、

もう一度おなじメンバーで授業したいなと思ったんだけど、

もう彼らにも会うことはないです。

3ケ月の授業。どんな大人になるものやら。

 

3ケ月、はじめての大学での、はじめての授業というのは、

教える側も教わる側も特別です。

 

彼らの人生のなかで、

一瞬でも私の言ったことが活きるシーンがあれば最高。

 

2017.07.26

 

posted by: サンキュータツオ | フィールドワーク | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【一橋大学 2017年春夏学期】

4月からはじまった一橋大学の2コマもようやく7月下旬にきて終了した。

この大学で教えるようになったのは2008年。

というわけで、10年目なんですよねかれこれ。

 

私の場合、芸人として雇われたわけではなく、

日本語学の博士課程を終えてから、

日本語教育の人間として雇ってもらえた最初の大学。

 

その大学が、4学期制を導入するにあたり、

この4月から1コマ105分、それを2コマ、

さらに学生が最初は爆発的に増え、

このままだと過労死ってところまでいきましたよ。

 

 

なんで105分になるのかっていうのは、説明すると面倒くさいんで省きますけど、

人間の集中力って105分持たないです。

教えてるほうだって、芸人の単独2回廻ししてるのとおなじですから。

正気の沙汰ではありません。

しかも学生は一日何コマもあるわけです。

 

なんだかんだGWを過ぎると、

人数の絞り込みに成功し、通常運転より少し多いくらいの人数におさまりました。

 

一橋では日本人学生ではなく、留学生に教えています。

半年でのお別れ。

この3ケ月で、一生会わない人もいます。

国に帰って働く人も、こちらに残って研究する人も、

また別の国に留学する人も。

 

人間交差点なわけです。



 

今期はバチクソ優秀な韓国人留学生がおり、

感動しました。

 

外国語であの領域までいけるって、

どんな気持ちなのだろう。

 

毎週水曜日、この大学に来て、

日常のいろいろをリセットします。

それくらい、国立の街自体が好きです。

 

生まれ変わったら、一橋大学に入学して、

ちゃんと恋愛をして、留学したいですけど

大学受験できっとくじけることでしょう。

 

2017.07

 

posted by: サンキュータツオ | フィールドワーク | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【雑誌『週刊女性』インタビュー掲載 拙著『もっとヘンな論文』にて】

現在発売中の『週刊女性』に、

 

拙著『もっとヘンな論文』の著者インタビューを掲載してもらいました。

見開き2P。

 

 

とても丁寧に取材してくださった方で、

ライターさんの魂のこもった記事です。

 

 

iPhoneImage.png

 

『もっとヘンな論文』読んでね。

 

2017.07.26
 

posted by: サンキュータツオ | 書き物 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【雑誌『TV Bros.』インタビュー掲載:東京ポッド許可局』】#tokyopod

TBSラジオ、月曜24時-25時放送中に、

マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオの番組

『東京ポッド許可局』が、

なんとあの「TVブロス」に5Pインタビュー掲載。

 

いやもうこれ表紙でいいんじゃないですかね?

ラジオ番組のおじさん3人がテレビ語り雑誌の表紙とか、

こんなにロックなことないと思うんですけどね。

 

それにしてもうれしい!

 

 

ブロスはマキタさんのホームグラウンドみたいなとこあるので、

なかなか入り込めない雑誌ですけど、

これだけ活字読むのが好きな人が買う雑誌もないという、

まさにこの読者に知ってほしいが詰まっている。

 

iPhoneImage.png

鹿島、タツオによるマキタ論、

マキタ、タツオによる鹿島論、

マキタ、鹿島によるタツオ論、
プラス、昨今のメディアに「本物」がどれだけ求められているかという話など。

 

読み応えMAX。

これだけ許可局のことを理解しているライターさんと雑誌はほかにないでしょう。

 

ライター、おぐらりゅうじさんに感謝。

こちらでのお知らせ遅くなってすみません。

 

2017.07.26

 

 

posted by: サンキュータツオ | 書き物 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【雑誌『TVガイド PERSON』インタビュー掲載:東京ポッド許可局】#tokyopod

attachment00.jpg


現在発売中の

TVガイドPERSON
にて、
東京ポッド許可局
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ
のインタビュー掲載されております。
attachment01.jpg
見開き!
これは豪華。
内容も良いです。
とにかくイケメン雑誌に唐突に現れる私たちが見どころです。
羽多野王子や、内山王子がめっちゃカッコよく特集されてる雑誌に、おじさん3人ですよ。
羽多野さん。
attachment02.jpg
中二感あふれる内山さん。
attachment03.jpg
男性声優さんに触れてしまいましたが、
そんな雑誌に、
我らが東京ポッド許可局が掲載されている!
これはもう革命がはじまっていると言っていいでしょう。
2017.07.26
posted by: サンキュータツオ | お知らせ | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |-