Profile
  メッセージを送る
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
米粒写経HP
米粒バナー
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。 オフィス北野所属。
アニメ会公式HP アニメ会公開秘密基地
アニメ会バナー
「オタク芸人トークユニット」アニメ会のホームページ。 サンキュータツオもメンバーのひとり。
東京ポッド許可局
東京ポッドバナー
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ、3人の文系芸人が行間を、裏を、未来を……読むラジオ。エンターテイメント(楽しい)とインタレスト(興味深い)を両立させた「おもしろい」があるポッドキャスト。毎週日曜日更新。
アニメ会のポッドキャスト「ヲタめし」
ヲタめしバナー
アニメ会(国井咲也、三平×2、サンキュータツオ、比嘉モエル)でお送りするポッドキャスト。これさえ聴けば、いまどのアニメがおもしろいのか、いまアキバ系でなにが熱いのか一発だ! というわけで、いますぐ「ヲタめし」あれ! 毎週火曜日更新。不定期出演。
漫才バカ一代
漫才バカ一代バナー
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。 漫才バカ一代のページ、またinfo@kometsubu.comでもご予約受け付けます。
オフィス北野
オフィス北野バナー
所属事務所のオフィス北野です。
北野笑科大学
北野笑科大学バナー
携帯で事務所のタレントのネタが見れる!?
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    . (06/11)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    ベベッキー@ (05/14)
  • 「渋谷らくご」をめぐる議論について #シブラク
    AN (05/05)
  • 【『米粒写経のガラパゴスイッチ』ご来場ありがとうございます #米粒写経】
    koko (05/04)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    かるべん (04/26)
  • 【東京ポッド許可局@東京グローブ座 ご来場感謝 #tokyopod】
    Da1 (04/09)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    クール (04/08)
  • 【東京ポッド許可局@東京グローブ座 ご来場感謝 #tokyopod】
    koko (04/08)
  • 【浅草・東洋館 3月 出演してきました】
    koko (04/08)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    室長 (03/30)
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【告知 7.31@福岡 大濠公園能楽堂『東京ポッド許可局』ジャパンツアー】

ついにこの季節がやってきた!

TBSラジオ『東京ポッド許可局』のジャパンツアー。

マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオの三人がパーソナリティをつとめるラジオ番組のリアルイベントである。

 

予約は下のページにURLや、電話、またはファミマで!

7月31日 福岡 大濠公園能楽堂

東京ポッド許可局ジャパンツアー 福岡公演

 

ポッドキャストの無名な番組、手弁当で作りあげた番組が、いまは全国にリスナー(局員)をかかえ、ジャパンツアーをやるまでになって二年目。

アーカイブはクラウドへ移行しつつあるなか、ポッドキャストの命脈を細々と守るのと同時に、全国の局員へ会いに行き、その場でしか話せないことを話す。それが私たちのやり方であり、その場の売り上げがそのまま現場の制作費にあてられるという、リアルクラウドファウンディング、簡単な言葉でいえば「お布施」をつのる、その変わりその日最高のパフォーマンスをする、というものです。

この番組は、もちろんスポンサーを常時募集してますが、それでも支えているのは全国の許可局員です。株主総会的なノリできてください。

 

昨年は500のキャパがようやく埋まってるように見える感じでした。

今年は前売り残り数十枚というところまできているようですので昨年よりは売れています!

ですが、まだまだお友だちを誘っていただく余地があります。

あるいは行こうかどうか迷っている人、来ちゃいなよ。っていうわけで、

電話でもファミマでもCNプレイガイドでも。

 

大げさにいうと、地域の文化を支えるのオレだ!私だ!という、痛い使命感を持っている人にぜひ来てもらいたいです。

だって、ほんとにそうなんだもん。文化にアンテナ張ってる人が、この許可局のイベントには来るので。

 

出会いは必然なのです。

posted by: サンキュータツオ | お知らせ | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【告知 7.29@福岡で春日太一さんとトークショー】

7月31日の「東京ポッド許可局」福岡公演にさきがけて、ちょっと早めに福岡上陸しちゃったよの人から、金曜夜なら空いてるぜという九州の方まで、なんなら午後半休とって長崎や鹿児島から駆け付けるよって人にもオススメのトークイベントを、

7月29日(金)、映画史・時代劇研究家の春日太一さんと行います。

こぞってくるように。

 

春日太一の九州応援チャリティトークイベントin福岡

このイベントの、ゲストとして出る模様。

19時開演。書籍フェアみたいな感じで、ふたりがいままで出してきた本の話や、お客さんからの質問にバシバシ答えるような感じだと思います。

サイン会もするよ!地方仕様のスタンプもつけますよ!

なにでサンキュータツオを知ったかなども、サインするときに言ってくれるとうれしいです。

 

場所は福岡市大名というところの「LIV LAVO」というところ。

ネットからでも予約できるようなので、ぜひ楽しい金曜の夜にしましょう。

会場でお会いできるのを楽しみにしております。

 

『春日太一の九州応援 チャリティトークイベントin福岡』

(上をクリックするとイベントの詳細が表示されるよ。チケットの予約もできるよ)

open18:30/start19:00
前売り¥1,500 / 当日券¥2,000(ドリンク別)

 

売上は熊本で被災された方へ寄付します。

 

posted by: サンキュータツオ | お知らせ | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【7/24 「朝日中高生新聞」インタビュー掲載】

朝日中高生新聞

7月24日号

「エンスタナビ」という紙面でインタビューが掲載されています。

記者の松村さん、ありがとうございます。

 

受験について、ということだったのですが、シビアにしゃべりました。

私は人生で一番がんばった受験は大学院の修士課程の入学試験でしたが、

中学受験、大学受験とみてきて考えたこと、

そういったものをしゃべりました。

 

試験は頭の良しあしではない、ということ。

むしろどれだけ努力し、ゲーム巧者になれるかという「ゲーム」でしかない。

 

そして、「やりたいことはなにか」などと18歳や22歳、ましてや12歳などにいきなり突きつける社会の風潮があるが、そんなものは「選ぶ側」が用意した「どういう答えを用意している人か」というゲームでしかないこと。

 

そういったことを語ったのを、松村さんがマイルドにまとめてくださいました。

ありがたいっす!

 

「自分のやりたいことってなんなんだろう」

「夢なんてあるのか?」

「やりたいことが、既存の仕事にない、ってか完全にお金にならないんだけどオレはおかしいのだろうか?」

 

そうやって悩み、病んでいく人たちを大勢観てきました。

不思議なことに、学歴がある人ほどこういうことを言い出すのです。

文系の大学院はうつ病などの巣窟と化していました。それでみんな修士でやめてくのです。

それはそれで必要なふるいなんだけど。

 

やりたいことが「だらだらしたい」の人はどうすればいいの?

「やりたいことは、どうやらない」と自分と向き合って気付いた人は生きてちゃいけないの?

 

そんなことはありません。

安心してください。やりたいことがあり、そしてそれがお金になる既存の仕事であることのほうが、異常なことだと私は思ってます。

 

そんなことは考えず、ひたすら「どうゲームをクリアするか」ということだけなのです。

 

 

 

posted by: サンキュータツオ | お知らせ | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【 7/24朝日新聞 連載「悩んで読むか 読んで悩むか」掲載】

二ヶ月に一度くらいのペースでまわってくる、

朝日新聞の連載「悩んで読むか 読んで悩むか」。

 

人生相談に対して、本をオススメして回答するというもの。

毎回数週間前に相談内容を知るわけなんですが、

締め切りまでに悩む悩まないのって!

こっちの悩みが増えちゃう。

 

相談を読んでから、締め切りの日まで、ずっーとこのことを考えるわけです。

どういう人なんだろうか、

なにを読んできた人なのだろうか、

書かれていないことで聞きたいことが山ほどでてくる。

これはこの人が求めてないんじゃないだろうか、とか。

 

でも、似たような悩みを持っている人はたくさんいるはずで、

そういう方に読んでもらうコーナーだから、まずは自分の好きな本を紹介してこって割り切れるまでに、

毎回時間がかかるんですよね。

 

本棚を見直して、ああじゃない、こうじゃないと。

でも、それが楽しい。そう、結局楽しいんだよね。読み返しちゃったりして。

 

今回は、なんでも面倒くさがってしまう小4の息子を心配する親御さんからの相談でした。

(リンクから記事が読めます)

 

綿矢りさ、私好きなんですよねこの人の文章と、文章の変遷が。

ドキュメントですよもう。

 

あと、『世説新語』はいろんなパターンのが出てるんだけど、大人の人はどれでもいいから「世説新語」読んでほしい。

マジでどうかしてる人たちがたくさん出てくるやつだから!

オムニバスでおもしろいよ!

 

posted by: サンキュータツオ | 書き物 | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【「サンキュータツオのただアニ!」掲載 『ReLIFE』:7/22(金)読売新聞夕刊】

読売新聞夕刊で毎月連載の「サンキュータツオのただアニ!」、

今月は『ReLIFE』を紹介しました。

 

写真には載ってないけど、『orange』も。

ほかにも「やり直し」が物語の肝になっているものがけっこうある。

いまにはじまったことではないけれど、

11年のまどマギやシュタゲの成功を受けて、その後増えたような気もします。

 

過去改変、ループ、やり直し、リバイバル。

いま放送中の『Re:〜』もそうだし、現在のものでもけっこうある。

 

じゃあ「またやり直しものかー」と捉えちゃうか。

答えはNO!

これはむしろ「やり直し大喜利」の時代に入ったということを意味する。

おそらくいまがピーク。

 

このやり直しブームは、いまから立ち上がる企画にさすがに「もうそういうの、いいんじゃないっすかね」という意見がでることを意味するので、2年後くらいには減ると思うんです。

なので、あえていま取り上げてみました。

 

そういう切り口で紹介したんですけど、面白いですよ。

そういう見せ方あるんだなーという。

 

『ReLIFE』は過去改変ものではないのですが、心のどこかで「あの頃もう一回、いまの頭でやり直せたらな…」と思う、ダメ人間の願望を見事に具現化した作品です。笑えるし、考えちゃう。

 

良かったら観てください。

 

アニメの話題はもうツイッターとかであんまり触れないようにしているので、こういうところで開放できるのがありがたいです。

 


 

2016.07.26

 

 

posted by: サンキュータツオ | お知らせ | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【米粒写経「朝日カルチャーセンター」で講演@新宿 5/24(火)、30(月)夜】
米粒写経で、カルチャーセンターに講演しにいきます!
朝日カルチャーセンター「楽しく学ぶイマドキ用語」

JFN系列で3分番組「米粒写経のイマドキ用語の基礎知識」をやっておりますが(リンク先から音声が聴けます)、
その出張版とでもいいましょうか。

新語、流行語を紹介している番組ですが、この講演では新語ができる流れや、言葉そのものについてお話できればと思います。
5月24日(火)、30日(月)19:00〜20:30です。

どんな人たちが聴きにきてくださるのか、楽しみです!

2016.05.12
 
posted by: サンキュータツオ | フィールドワーク | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【『ヘンな論文』 続報】
拙著『ヘンな論文』(角川学芸出版)の続報。

▼湯たんぽ研究の伊藤紀之先生から、
『骨董縁起帳29』送られてくる。

ここで、『ヘンな論文』のその後の反響に関して記述してくださいました。
だれも読まないだろうと思っていた紀要に書いた論文を、私が紹介したことをキッカケに、先生の周囲の人の反応を軸に。
TBSラジオでの特番の話や、出版記念イベントで畑亜貴さんからお花をもらった話まで。
ネット上の反応まで集めていらっしゃるのでこの先生はつくづくすごいです。
どうか、この伊藤先生の湯たんぽ研究を、写真図版をたくさん使用する形で書籍化してくださる出版社の方、ご連絡をお待ちしております。プロモーションには最大に力を貸していただきますので。なにとぞ。
私なんぞの駄文に付き合ってくださった伊藤先生、その研究者としてあまりに巨大な足跡は、一朝一夕で追いかけられるものではないのですが、「湯たんぽ」を起点として辿っていくとものすごくおもしろい研究人生です。
私はまだまだ伊藤先生を追いかけます。

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png
『骨董縁起帳29』 つくづく業の深い人たちが集っている、最高に楽しい雑誌

▼コーヒーカップとスプーンの接触音の音程変化 の塚本先生から、
勤務先が変わったとの報。

高校で教員をする傍ら、物理教育 などの教材研究を論文として発表していた塚本先生。
このほど、大学に勤務することになり、高校の教員は退いたとのこと。
面接の際は、「コーヒーカップとスプーンの接触音の音程変化」を実演したそうです。
大学職員の方のなかには『ヘンな論文』を読んでくださっていた方もいたらしく、
歓迎されているとのことです。
塚本浩司先生は、板倉先生という師匠にあたる方が、科学実験のスペシャリストであり、かつ、アカデミズムの世界ではアウトサイダーとなっている。
とはいえ、仮説ありき、定理ありき、の実験の在り方から、本来帰納的な手法であるべき実験の在り方へ。
この先生の挑戦は続きます。
これからは教育の現場で教える教員のために、この実験の在り方を教授していかれることと思います。
高校を舞台に山岳部の顧問として活動なさっていたり、毎朝3時に起床して登校なさっていたりと、そのストイックなまでの情熱に心を打たれましたが、活躍の舞台を変えるとのことで、これは研究者としての人生を考えたとき、非常に大きな決断だったと思います。
塚本先生の教え子たちがひとりでも多く教育現場で、「理科楽しい、科学楽しい」と思わせてくれることを祈ります!
塚本先生もまだまだ追いかけていきたい存在です。

以上
posted by: サンキュータツオ | おもしろ研究論文 探索 (2009年11月〜) | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【JFN系列『スキマから聴こえてくるラジオ』 サンキュータツオ×神田松之丞 テーマ「講談」ポッドキャスト配信 #シブラク】
4月30日、
JFN系列『スキマから聴こえてくるラジオ』という、毎週土曜の26時から27時に放送されている番組に出演しました。
神田松之丞(かんだ まつのじょう)さんという、若手の講談師の方と出演し、松之丞さんに「講談」についてうかがったり、演芸界がいま注目する松之丞さんのひととなりにも迫っていこうという1時間番組です。

まずこの企画を実現させてくださったスタッフの皆さま、ありがとうございます。

「渋谷らくご」にも出演してくださっている松之丞さんですが、
講談、まだまだ若い人には馴染みのないジャンルかもしれません。

ぜひポッドキャストで聴いてみてください。
『スキマから聴こえてくるラジオ』サンキュータツオ×神田松之丞 

どこかでドライブしながら聴いてくださった方もいるのかな。
地方で聴いてくださって興味持ってくださった方がいたらいいな。
JFNはだから好きです。

2016.05.03
posted by: サンキュータツオ | ラジオ | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【新連載 朝日新聞「悩んで読むか 読んで悩むか」】
4月からはじまっている、朝日新聞の、人生相談に対して3冊の書籍を紹介するというコーナー
悩んで読むか 読んで悩むか」。
リレー形式で、8人くらいで一週おきに、読者のお悩みに回答しております。

穂村弘さん、三浦しをんさん、壇蜜さん、荻上チキさんなどに交じって私もお応えする立場です。



5月1日付の、日曜の朝日新聞に掲載されました。

いまいる場所でしか仕事が続けられないという女性。
自分に相談することなく転勤を決めた彼。
遠距離になるけれど、結婚はどうすればいいのだろうか。
そんな悩みの方に。

難しいですが答えはありません。
ぜひ私の紹介した三冊を読んでみてください。

酒井順子さん、ヤマシタトモコさん、江國香織さんの作品を紹介しました。

2016.05.03
posted by: サンキュータツオ | 書き物 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
【『米粒写経のガラパゴスイッチ』ご来場ありがとうございます #米粒写経】
4月29日(金)『米粒写経のガラパゴスイッチ』、
ご来場くださった皆様ありがとうございます。

隔月最終金曜日に開催しているこの単独ライブも、もう数年に渡って完売記録が続いております。
今回は祝日にも関わらず大勢の方にご来場いただきうれしいです。

第一部のネタパートは、新ネタ「モノマネしりとり」と、「ふくわらい」(外国人の教えにくい日本語 その2)でした。
オフィス北野のホロッコ、シルキーラインにも出てもらいました。
なお、最初の30分ほどフリートークのコーナーでは、来る5月21日(土)にオンエア予定のCBCテレビ『本能Z』の収録の様子や、その後の水道橋博士さん邸での、居島一平 VS 博士チルドレン の様子を。やー、笑った笑った。

第二部のトークパート、今回は映画史、時代劇研究家の春日太一さんをお招きして、「陰謀史で読み解く徳川260年 その1 家康編」という話をしていただきました。おもしろかったなぁ!


iPhoneImage.png
今回のオリシマーズは、春日太一さん


このライブ、年に一度くらい大きめなところでやるとか、なんかしたいですね。
私たちは知的好奇心を満たすお笑いを標榜しているので、そういうものを求めている層がたくさんいるといいな。
地道に続けるしかないのだけれど、こういう方向性の人たちがいるってことだけでも、知ってもらえたらと思います。

次回は6月24日(金)。

 
Check
posted by: サンキュータツオ | フィールドワーク | 16:33 | comments(1) | trackbacks(0) |-