Profile
  メッセージを送る
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
米粒写経HP
米粒バナー
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。 オフィス北野所属。
アニメ会公式HP アニメ会公開秘密基地
アニメ会バナー
「オタク芸人トークユニット」アニメ会のホームページ。 サンキュータツオもメンバーのひとり。
東京ポッド許可局
東京ポッドバナー
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ、3人の文系芸人が行間を、裏を、未来を……読むラジオ。エンターテイメント(楽しい)とインタレスト(興味深い)を両立させた「おもしろい」があるポッドキャスト。毎週日曜日更新。
アニメ会のポッドキャスト「ヲタめし」
ヲタめしバナー
アニメ会(国井咲也、三平×2、サンキュータツオ、比嘉モエル)でお送りするポッドキャスト。これさえ聴けば、いまどのアニメがおもしろいのか、いまアキバ系でなにが熱いのか一発だ! というわけで、いますぐ「ヲタめし」あれ! 毎週火曜日更新。不定期出演。
漫才バカ一代
漫才バカ一代バナー
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。 漫才バカ一代のページ、またinfo@kometsubu.comでもご予約受け付けます。
オフィス北野
オフィス北野バナー
所属事務所のオフィス北野です。
北野笑科大学
北野笑科大学バナー
携帯で事務所のタレントのネタが見れる!?
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    いー (08/01)
  • 【4/23(日)サンキュータツオ プロデュース公演「ていおん!」下北沢シアターミネルヴァ 来てね〕
    koko (05/25)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    とたか (05/19)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    セリーヌ (02/16)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    しこしっこ (02/14)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    バカボンのパパ (02/11)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    saaww5ttt.djd (02/04)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    バリュー (02/03)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    盛 (02/02)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    20 (01/26)
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【『WOWOWぷらすと」NBA井戸端会議 リアルイベントin渋谷Taco Bell #ぷらすと #wowownba】
「WOWOWぷらすと」、3月から編成が変わり、毎週火曜、水曜、木曜の3日間、21時からの放送になっているのですが、
私は木曜担当。
で、定期的にやっているテーマ「NBA井戸端会議」のリアルイベントが渋谷のTaco Bellで行われました。

日本のNBA好き、しかもWOWOWでNBAを観ていて、タツオ、中原さん、太整さんの三人の「井戸端会議」まで知っている孤高のNBAマニアはどれだけいるのか…。
正直心配していましたが、岐阜や茨城からかけつけてくださった猛者もおり、感激しました。
みんな、しゃべりたかっただろうなあ。



いつもは本番2分前くらいに集まるメンバーですが、この日ばかりは30分前集合。
でも、やっぱり集まっちゃうと本番前にもNBAの話。
やっぱしゃべっちゃう太整さんと中原さん。
ダメだって!

というわけで、ゲストに声優の谷山紀章さん、佐々木クリスさんをお迎えしての90分置いてきぼりトーク!
楽しすぎました。

話題はゴールデンステート・ウォリアーズの73勝はあり得るのか、というのと、スパーズ VS ウォリアーズのプレイオフの行方についてがほぼ8割。
この話題は、ここ20年くらいのNBAのトピックのなかでも、マニアが語り倒すのにもっとも味わいのあるトピックでもあるのです。

満員のお客さんも参加してもらい、質問コーナーも盛り上がり、こんなに幸せな時間はありませんでした。
終演後も、別場所で延長戦。そこでようやくイースタンの話など。

これからもWOWOWぷらすと、NBA井戸端会議をよろしく!

毎週木曜、WOWOWぷらすと観てね!
NBA超おもしろいから! この20年で一番おもしろいといっても過言ではない。

2016.04.07


 
posted by: サンキュータツオ | WOWOWぷらすと | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
2014.08&09の『WOWOWぷらすと』 #ぷらすと
ニコニコ公式生放送『WOWOWぷらすと』。
毎週月〜金の19:30から無料生放送。タツオは木曜担当MC(第三木曜をのぞく)です。
ホントに楽しい番組。
リンクがはってあるものは、アーカイブが見られます。

2014年8月と、2014年9月の私の担当は以下の通りでした。

iPhoneImage.png


▼8月7日(木)放送 #588「ぷらすとスペシャルウィーク サンキュータツオ×宮地昌幸
出演:サンキュータツオ、宮地昌幸、梨衣名

 
 いま、10代20代で興味の幅をこの「WOWOWぷらすと」で広げている視聴者。
そんな人たちに夏休みに見てもらいたい映画をオススメするスペシャルウィーク。
春日太一さんと並んで、満足度100%男でもある宮地無双。
この方の映像の見方は、アニメ、邦画、洋画、すべてをカバーしていて演出論的観点からも示唆的なものが多分にあり、
「映画の見方」としても楽しめる。素晴らしいお話でした。
『太陽の少年』、見たくなりました。劇場版のドラえもんの見方も、唸ります。
ちなみに私はだらしない大人が出てくる映画を青少年には見てもらいたい。
大人は全能ではない。いまの自分の延長線上にいる人間として考えてもらいたいのだ。
最初から大人だった人間などいない。『愛を乞う人』のみをみっちり語りました。

▼8月28日(金) 放送 #598「OVA問題
出演:サンキュータツオ、倉田英之、国井咲也、内田理央
 
ぷらすとに倉田英之先生降臨!
『R.O.D』シリーズを生み出した小説家でもあり、アニメのシリーズ構成・脚本を無数に手掛ける日本最後の文豪、と私が言って憚らない倉田先生。
80年代から90年代を席捲したオリジナルビデオアニメーション、「OVA」の存在を、具体的な作品を例に語っていただきました。
OVAには傑作が多い。そしてここから生まれた才能も、試みも無数にある。
国井さんという、このOVA時代に青春を過ごした語り手と記録メディアとともに紹介した、アニメファン必見の一回です。
倉田先生、本当にありがとうございます。感無量。
8月はお盆休みなどもあって、私の出演はこの2回だけ。

▼9月4日(木)放送 #603「怖い動物世界一
出演:サンキュータツオ、新宅広二、池田裕子

 
こちらも満足度100%男の一人、新宅広二さん。
この方の動物にまつわるお話は縦横無尽、しかも動物行動学を極めた人から見る動物観であるがゆえに、「生き物とはなにか」「進化とはなにか」をつねに考えさせられる。
もうむちゃくちゃおもしろい! 開始早々おもしろい!
新著『危険生物最恐図鑑』をひっさげて、強い動物とはなにか、危険な動物とはなにか、というお話。
とにかく新宅先生はすごい!
 
▼9月18日(金)放送 #608「ベテラン俳優って?
出演:サンキュータツオ、松崎健夫、早織
 
私の大好きな松崎健夫さん。
今年から一念発起して「映画評論家」になった。これは覚悟のいることである。
映画について語る人は無限にいる。素人だって映画を語る。
しかしこの人はここに「松崎流」とも言うべき映画の語り方を確立しようとしている。
ただの情報だけではない。作品や人を線的に語り、魅力的に、それでいて新たな気づきを常に与えてくれる。
この人は「切り口」ひとつでいかようにも語るだけの知識と知恵と覚悟がある。
今回は「ベテラン俳優」について。おもしろかったァ!

▼9月19日(金)放送 #614「長命キャラクターの秘密
出演:サンキュータツオ、宮地昌幸、国井咲也、内田理央
 
ルパンにコナン、サザエさんにドラえもん……。
長く愛され続けている作品とキャラクターは、そうではないものとなにが違うのか!?
ここで出てきたキーワードは「愛」と「死」。
宮地、国井のシャープな語りが大激突&溶け合ったスリリングな回でした!
ホントにアニメは語ることが多すぎて面白すぎる!
ちなみに番組終了後には構成作家天明さんと激突!
これは根深い問題としていまも私のなかに残っている。ぷらすと観、ニコ生観の大きな違いかもしれない。
本気だからぶつかってるんです。ただ、私はやる気あります。
それにしても相変わらず天明さんのことを私は人間的に好きで、
仕事上、情熱をもってぶつかり合えることは素敵なことだと実感している。
どこをめぐってなのかは、放送を見てみて!

▼9月25日(木)放送 #618「映画と文学
出演:サンキュータツオ、松崎まこと、海下真夕
 
ぷらすとで映画というと松崎健夫さんが私は多いのだけれど、この方も大好き、松崎まことさん!
情念と言葉がナイスなブレンドをした男! こちらは「映画活動家」。この考え方もおもしろい!
文芸作品の映像化は古来からあるが、成功と失敗、双方ある。
その違いとはなんなのか? この放送を見ればわかるようになっております。
海下さんのメモも鋭く、しゃべりはゆっくりだけれど、確実に革新をついてくるあたりはさすが。
8月のスペシャルウィークで語り洩らしたマルセル・パニョルの『プロヴァンス物語 マルセルの夏』『マルセルの城』も文芸作品。
行間のあるものをどう換骨奪胎して映像足らしめるのか、いろんな技術があっておもしろい!

▼9月26日(金)放送 #619「テニスのことがもっと知りたい!
出演:サンキュータツオ、朝岡隆太、坂本正秀、くぼたみか
錦織圭選手の活躍にわくテニス!
WOWOWも過去最高の加入者数にまで達したキッカケは、なにを置いてもテニス。
ということで、テニスのことがもっと知りたい!
テニス初心者にでもわかるテニスの味わい方、見方、そして感動的な錦織選手のエピソードの数々!
おにぎりのエピソードなんかいまだに忘れられません!(ウィダーインの人ですけれども)
普段はNBAとベイスターズばかりの私も、これは面白かった!
と思ったら、なぜかテニスマニアで「タツオしゃべりすぎ」と叩かれ嫌われるハメに。
ていうかそういう人向けじゃねーよ!だからダメなんだよ! ファンがそんなだから!
テニスはいまからでも面白い!
ついでに言うと、この放送後の楽天ジャパンオープン、錦織選手、素晴らしかった!涙!


大学全入時代。知的好奇心をもった人は多くいます。しかし既存の地上波は主婦と子どもが見るものに設計されているものだから、なかなか満足したかみごたえのあるものが見られません。
この番組は、そう思っている人に最適です。私はカルチャーではなく「文化」を発信しているつもりでこの番組に携わっています。
「文化」は、一過性のものではないし、人を選ぶことはしないからです。
いま現在、2万人近くの安定した視聴者がおりますが、3万、5万と地道に増やしていきたいです。

2014.10.19
posted by: サンキュータツオ | WOWOWぷらすと | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
2014.07の『WOWOWぷらすと』
iPhoneImage.png

ニコニコ公式生放送『WOWOWぷらすと』。
毎週月〜金の19:30から無料生放送。タツオは木曜担当MC(第三木曜をのぞく)です。
リンクがはってあるものは、アーカイブが見られます。

▼7月3日(木)放送 #563「第2回 スタートレック祭り!」
出演:サンキュータツオ、佐藤大、添野知生、☆Taku Takahashi、丸屋九兵衛

 
大人たちが『スタートレック』をああだこうだ言う祭りがまさかの第二弾!
丸屋さんの段取りの良さに編集者魂を見た。
みんながみんな「ぼくはぬるいから」みたいな謙遜がありつつの、
感想トークがたまんない。スタートレックは「偶数回」がいいそうです。

▼7月4日(金) 放送 #564「木下恵介の世界
出演:サンキュータツオ、春日太一、樋口毅宏、早織

 
原恵一監督による、木下恵介を主人公にした映画『はじまりのみち』良かったなァ。
黒澤明と同時期に活躍しまくった木下恵介監督、
なぜいま語られることが少ないのか? その背景に迫った。
観客に「寄り添う」ことをモット―とした映画魂。
樋口さんから直接お話をうかがえたのも感激。
春日さんはもはや安定の狂気。

▼7月10日(木)放送 #568「絵コンテ愛」
出演:サンキュータツオ、松崎健夫、丸屋九兵衛、海下真夕

 
丸屋さんの会社から、有名な映画の絵コンテ集の日本語版が出るとのこと。
映画の絵コンテって監督のクセとか狙いがでる重要な証拠。
しかも、絵コンテ職人なんてのもいる。
なにをしようとし、実際現場ではどうしたのか?
文学研究では、早稲田の宗像先生が
作家の生原稿を研究するというアプローチが
個人的には印象深かったのだが、
それの映画版。

▼7月18日(金)放送 #574「マクロスおかわり」
出演:サンキュータツオ、国井咲也、くぼたみか

 
国井節炸裂! コックピットについて熱弁しまくる国井さんヤバス!
くぼたさんがしっかり作品を楽しんできて、ナイスな質問も多数。
初からみでしたが、数年前お仕事でご一緒したときとはずいぶん変わった!
素晴らしかった!
やっぱサーカスだよサーカス! そして可動式。

▼7月24日(木)放送 #578「NBA井戸端会議」
出演:サンキュータツオ、岩太整、佐々木クリス

 
中原雄さんがお休みで、佐々木クリスさん登場!
レブロンがキャブス移籍でストーブリーグは一気にヒートアップ!
レブロンが文字通り「ヒート」をアップしたわけです。
というか、シーズンが終わったというのに、次のシーズンのファイナル後まで
語り倒し、前半50分は監督論しちゃったり。
ホントにこの番組は日本中のNBAファン見に来て欲しい!
太整さんは、アニメ回における国井さんと同様、狂気のポジション。
この人ホントにおもしろい。だいすき。
こうなると、この三人に中原さんや、長澤さん、紀章さんも加えたくなる!
ってそれ普段やってる飲み会である。

▼7月31日(木)放送 #583「教えて!新宅さん! 海の生物編」
出演:サンキュータツオ、新宅広二、内田理央

 
ぷらすと的にはすでに春日さんと並んでレジェンドになっている新宅さん。
打率10割の動物論。めちゃくちゃおもしろい!
人の話を聞く、という原始的な行為がこんなに刺激的だとは!
象が50キロ離れた場所にいる象と重低音で会話しているとか、
耳は聞くためじゃなくて熱を逃がすためにあるとか。
クジラは北半球と南半球で会話している、というか地球規模で交信してるとか。
新宅さんの話は、学問的に横断していて、地球観、生物観が、
縦横無尽に語れるほど強固かつ柔軟だ。こうありたい。
新宅さんには拙著『国語辞典の遊び方』を褒めてもらった。
こういう語り方もあるのだと嫉妬した、と。最上級の褒め言葉だ。


大学全入時代。知的好奇心をもった人は多くいる。しかし既存の地上波は主婦と子どもが見るものに設計されているものだから、なかなか満足したかみごたえのあるものが見られない。
この番組は、そう思っている人に最適だ。私はカルチャーではなく「文化」を発信しているつもりでこの番組に携わっている。
「文化」は、一過性のものではないし、人を選ぶことはしない。

そして、いままさにこれから文化に触れようとしている10代の子たち。ニコニコ生放送であればどんな地方にいても同時に見ることができる。
どうかどうか、一人でも多くの10代にも見てもらいたい。「あのとき、ぷらすと見てました!だからここにいます!」って10年後、20年後にだれか一人に言われたら、それだけで私は生きていて良かったと、思えるのです。
そのくらいの情熱はかけている、この番組に携わっている人たちはみんな。

2014.08.01
posted by: サンキュータツオ | WOWOWぷらすと | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) |-
WOWOWぷらすと:サスペンスの神様の素顔
ツイッターのほうでは毎回お知らせをし、また感想を書いているのだが、
WOWOWぷらすと
毎週月-金、19:30からニコニコ公式生放送で配信している番組に、
私は毎週木曜(第3木曜を除く)に司会で参加している。

2011年の発足当初から参加しており、現在で4年目に突入、
3月30日には記念すべき500回を迎え、この4月からは新たに西寺郷太さんというMCを加え、
マキタスポーツ、大谷ノブ彦、サンキュータツオ、西寺郷太のMC4人体制になった。

私は自分が主要な位置で関わる仕事に関しては、胸を張り、てらいなく言って、文化を発信しているという自負がある。
カルチャーではなく文化だ。
カルチャーは現象だが、文化は歴史だ。
カルチャーにブームはあるが、文化にはブームはない。
カルチャーに縦の時間はないが、文化には縦横両方の時間がある(つまり歴史だ)。
カルチャーは閉じているが、文化は横断的だ。
カルチャーには「想い」はあるかもしれないが、文化には「想い入れ」がある。

私は特殊な芸人であるが、芸人であるというアイデンティティを利用して文化を発信している。
できればそれはときに笑って楽しめるユーモアがあったほうがいい。
ユーモアなき文化は文化ではない。
だからこそ、芸人なのだ。

そしてこの『WOWOWぷらすと』、はっきり言っていまのテレビ、ラジオ、ネット、すべてのメディアのなかで一番おもしろい。
これは間違いない。少なくとも私のことに興味があってこれを読んでいる人には絶対に良い。
なぜなら出演者である私自身がこの番組によって世界を広げてもらい、世界の楽しさを日々教えてもらっているからだ。

毎日ポッドキャスト化していないのが不思議なほどに。
こんな番組を毎日無料で配信しているというのは奇跡に近い。
ゲストも多彩で、閉じた語りをするような人、目先の笑いだけで終わる人などは出ない。
知らない人にわかりやすく、知っている人にやさしく語りかけてくれる人たちばかりだ。

いま、私が携わっているTBSラジオ『東京ポッド許可局』『荒川強啓デイキャッチ』そしてTOKYO FM『妄想科学デパート AKIBANOISE』と同様、
この番組は私にとっての大きなプロモーションになっている。
この番組で私を知り、私に仕事を発注してくださる人もとても多い。

私自身がこの番組に10代や20代で出会っていたら、ぜんぜんちがった人生になっていたかもしれない。
そしてまた、サラリーマンをしていたかもしれないもう一人のいまの自分がこの番組に出会っていたら、人生がもっと楽しく感じられるかもしれない。


 (台本が捨てられず、ファイルに保存している)


今日のテーマは映画『ヒッチコック』をキッカケとした、アルフレッド・ヒッチコックの素顔。
サスペンスの神様がいかに神様足りえたのか。

ゲストはこの番組の映画の象徴である松崎健夫さんだ。
この番組には映画を語る天才が何人もいる。
なかでも松崎さんは静かに狂っている。穏やかな語り口で人の好奇心を暴力的に刺激する。来世では結婚したい。できれば私が女となり、松崎さんが男で。たまに浮気するけど。

この4月のリニューアルを象徴する存在のひとりである新ぷらすとガールズの海下真夕さんのデビュー戦でもあった。
思うに、ぷらすとガールズは女子アナよりも難しいポジション。つまりどの番組の女性の立ち位置よりも難しい、したがって同時にやりがいがあり自己アピールの場、プロモーションの場ともなり得る場だ。
このポジションをチャンスと思うか、楽しい仕事だなと思うか、いろいろある仕事のひとつと捉えるか、それはその人次第。
今日、彼女は手書きのメモを用意してきていた。がんばってもらいたい。


今日の『WOWOWぷらすと』メモ:
ヒッチコックの3つのトラウマ
 1.神父に折檻された
 2.警察が悪い人だった
 3.暗闇に置き去りにされた
以上が本人の述によるものだが、創作の可能性もなくもない。
監督であるヒッチコック本人の記号化と、書き物を一切残さないミステリアスな「存在」になる自己演出。
ブロンドという記号。
イギリス時代からアメリカ時代にいたり晩年までの「線」で作品を観た際のテーマ選び。
映像表現の発想。新し物好き。ビックリさせたいマジシャン。


音楽、映画、アニメ、スポーツ、おじさん、なにかひとつでも興味にある人は、
『WOWOWぷらすと』を観るといい。
確実に人生に新しい色を見る。

ぷらすと名作アーカイブ』っていうページもあるよ。


 
posted by: サンキュータツオ | WOWOWぷらすと | 00:52 | comments(1) | trackbacks(0) |-