Profile
  メッセージを送る
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
米粒写経HP
米粒バナー
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。 オフィス北野所属。
アニメ会公式HP アニメ会公開秘密基地
アニメ会バナー
「オタク芸人トークユニット」アニメ会のホームページ。 サンキュータツオもメンバーのひとり。
東京ポッド許可局
東京ポッドバナー
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ、3人の文系芸人が行間を、裏を、未来を……読むラジオ。エンターテイメント(楽しい)とインタレスト(興味深い)を両立させた「おもしろい」があるポッドキャスト。毎週日曜日更新。
アニメ会のポッドキャスト「ヲタめし」
ヲタめしバナー
アニメ会(国井咲也、三平×2、サンキュータツオ、比嘉モエル)でお送りするポッドキャスト。これさえ聴けば、いまどのアニメがおもしろいのか、いまアキバ系でなにが熱いのか一発だ! というわけで、いますぐ「ヲタめし」あれ! 毎週火曜日更新。不定期出演。
漫才バカ一代
漫才バカ一代バナー
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。 漫才バカ一代のページ、またinfo@kometsubu.comでもご予約受け付けます。
オフィス北野
オフィス北野バナー
所属事務所のオフィス北野です。
北野笑科大学
北野笑科大学バナー
携帯で事務所のタレントのネタが見れる!?
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
  • 【『栄養と料理』連載:2月号「グルメ」 サンキュータツオのそのコトバ、国語辞典に聞いてみよっ】
    akikom (11/13)
  • 歌詞が頭に入ってこない
    とも (10/26)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    薔薇が咲いてるね (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    はー (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    ひー (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    ふー (10/19)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    てつ (10/14)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    いー (08/01)
  • 【4/23(日)サンキュータツオ プロデュース公演「ていおん!」下北沢シアターミネルヴァ 来てね〕
    koko (05/25)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    とたか (05/19)
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
†「このBLがやばい!2012年腐女子版」に!
†『このBLがやばい! 2012年腐女子版』に!



111209_0214~0001.jpg

宙出版『このBLがやばい! 2012年腐女子版

いやホントもうゴールでしょ、ここに載るのは。
オファーきたとき、うれしすぎて泣きましたよ。
今年読んだBL作品のベスト5を答えるという。

結果、私が1位に押したものが、全体でも1位でした。
これはもう納得です。個人的に萌え死ぬかと思いました。

BLにおける「ういういしさ」って、大事だと思うんですよね。

で、ほかの選者の方のランキングとかから見ると、
ああ、私は、ピュア志向なんだなって改めて思いました。

ただ、ひとつ言わせて、
『ジューシィ・サイダー』はマジ傑作だから!

ほかにどんな作品を選んだかは、この本買って読んでほしいのですが、
『ジューシィ・サイダー』を私がランクインしたのは、
ピュアであることもさることながら、
その極度にまで軽減されたストレスが、目新らしかったからです。
葛藤や悩みはなくては困ります。ただ、それをナシにはせずに、極限まで軽減させたこのコメディタッチのバランス感覚。
同人的でありながらそうではない。
いままでもなかったわけではないけれど、ここまで作品として上質なものにまとまっていなかったように思う。

ハッピーエンドという山頂がほぼ決まっているBLというジャンルにおいて、
この手のハッピー感は、私にとっては新鮮だったのである。何度読んでも萌える!

5つには入れなれなかったけど、
男くさいので『SMOKER』とか良かった。あと『放課後の不純』とか。あとえすとえむさん!
腰乃先生の作品は、全ランクインさせたいくらい。

とにかく、
この雑誌に自分の名前が刻印される日が来るとは!
嬉しすぎて鼻血!

来年も寄稿できるよう、
BL道を突き進もうと思います。

11.12.19
posted by: サンキュータツオ | †二次元ぷにぷにコラム(2009年10月〜) | 14:12 | comments(0) | - |-