Profile
  メッセージを送る
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
米粒写経HP
米粒バナー
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。 オフィス北野所属。
アニメ会公式HP アニメ会公開秘密基地
アニメ会バナー
「オタク芸人トークユニット」アニメ会のホームページ。 サンキュータツオもメンバーのひとり。
東京ポッド許可局
東京ポッドバナー
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ、3人の文系芸人が行間を、裏を、未来を……読むラジオ。エンターテイメント(楽しい)とインタレスト(興味深い)を両立させた「おもしろい」があるポッドキャスト。毎週日曜日更新。
アニメ会のポッドキャスト「ヲタめし」
ヲタめしバナー
アニメ会(国井咲也、三平×2、サンキュータツオ、比嘉モエル)でお送りするポッドキャスト。これさえ聴けば、いまどのアニメがおもしろいのか、いまアキバ系でなにが熱いのか一発だ! というわけで、いますぐ「ヲタめし」あれ! 毎週火曜日更新。不定期出演。
漫才バカ一代
漫才バカ一代バナー
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。 漫才バカ一代のページ、またinfo@kometsubu.comでもご予約受け付けます。
オフィス北野
オフィス北野バナー
所属事務所のオフィス北野です。
北野笑科大学
北野笑科大学バナー
携帯で事務所のタレントのネタが見れる!?
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
  • 【『栄養と料理』連載:2月号「グルメ」 サンキュータツオのそのコトバ、国語辞典に聞いてみよっ】
    akikom (11/13)
  • 歌詞が頭に入ってこない
    とも (10/26)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    薔薇が咲いてるね (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    はー (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    ひー (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    ふー (10/19)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    てつ (10/14)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    いー (08/01)
  • 【4/23(日)サンキュータツオ プロデュース公演「ていおん!」下北沢シアターミネルヴァ 来てね〕
    koko (05/25)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    とたか (05/19)
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
WOWOWぷらすと:サスペンスの神様の素顔
ツイッターのほうでは毎回お知らせをし、また感想を書いているのだが、
WOWOWぷらすと
毎週月-金、19:30からニコニコ公式生放送で配信している番組に、
私は毎週木曜(第3木曜を除く)に司会で参加している。

2011年の発足当初から参加しており、現在で4年目に突入、
3月30日には記念すべき500回を迎え、この4月からは新たに西寺郷太さんというMCを加え、
マキタスポーツ、大谷ノブ彦、サンキュータツオ、西寺郷太のMC4人体制になった。

私は自分が主要な位置で関わる仕事に関しては、胸を張り、てらいなく言って、文化を発信しているという自負がある。
カルチャーではなく文化だ。
カルチャーは現象だが、文化は歴史だ。
カルチャーにブームはあるが、文化にはブームはない。
カルチャーに縦の時間はないが、文化には縦横両方の時間がある(つまり歴史だ)。
カルチャーは閉じているが、文化は横断的だ。
カルチャーには「想い」はあるかもしれないが、文化には「想い入れ」がある。

私は特殊な芸人であるが、芸人であるというアイデンティティを利用して文化を発信している。
できればそれはときに笑って楽しめるユーモアがあったほうがいい。
ユーモアなき文化は文化ではない。
だからこそ、芸人なのだ。

そしてこの『WOWOWぷらすと』、はっきり言っていまのテレビ、ラジオ、ネット、すべてのメディアのなかで一番おもしろい。
これは間違いない。少なくとも私のことに興味があってこれを読んでいる人には絶対に良い。
なぜなら出演者である私自身がこの番組によって世界を広げてもらい、世界の楽しさを日々教えてもらっているからだ。

毎日ポッドキャスト化していないのが不思議なほどに。
こんな番組を毎日無料で配信しているというのは奇跡に近い。
ゲストも多彩で、閉じた語りをするような人、目先の笑いだけで終わる人などは出ない。
知らない人にわかりやすく、知っている人にやさしく語りかけてくれる人たちばかりだ。

いま、私が携わっているTBSラジオ『東京ポッド許可局』『荒川強啓デイキャッチ』そしてTOKYO FM『妄想科学デパート AKIBANOISE』と同様、
この番組は私にとっての大きなプロモーションになっている。
この番組で私を知り、私に仕事を発注してくださる人もとても多い。

私自身がこの番組に10代や20代で出会っていたら、ぜんぜんちがった人生になっていたかもしれない。
そしてまた、サラリーマンをしていたかもしれないもう一人のいまの自分がこの番組に出会っていたら、人生がもっと楽しく感じられるかもしれない。


 (台本が捨てられず、ファイルに保存している)


今日のテーマは映画『ヒッチコック』をキッカケとした、アルフレッド・ヒッチコックの素顔。
サスペンスの神様がいかに神様足りえたのか。

ゲストはこの番組の映画の象徴である松崎健夫さんだ。
この番組には映画を語る天才が何人もいる。
なかでも松崎さんは静かに狂っている。穏やかな語り口で人の好奇心を暴力的に刺激する。来世では結婚したい。できれば私が女となり、松崎さんが男で。たまに浮気するけど。

この4月のリニューアルを象徴する存在のひとりである新ぷらすとガールズの海下真夕さんのデビュー戦でもあった。
思うに、ぷらすとガールズは女子アナよりも難しいポジション。つまりどの番組の女性の立ち位置よりも難しい、したがって同時にやりがいがあり自己アピールの場、プロモーションの場ともなり得る場だ。
このポジションをチャンスと思うか、楽しい仕事だなと思うか、いろいろある仕事のひとつと捉えるか、それはその人次第。
今日、彼女は手書きのメモを用意してきていた。がんばってもらいたい。


今日の『WOWOWぷらすと』メモ:
ヒッチコックの3つのトラウマ
 1.神父に折檻された
 2.警察が悪い人だった
 3.暗闇に置き去りにされた
以上が本人の述によるものだが、創作の可能性もなくもない。
監督であるヒッチコック本人の記号化と、書き物を一切残さないミステリアスな「存在」になる自己演出。
ブロンドという記号。
イギリス時代からアメリカ時代にいたり晩年までの「線」で作品を観た際のテーマ選び。
映像表現の発想。新し物好き。ビックリさせたいマジシャン。


音楽、映画、アニメ、スポーツ、おじさん、なにかひとつでも興味にある人は、
『WOWOWぷらすと』を観るといい。
確実に人生に新しい色を見る。

ぷらすと名作アーカイブ』っていうページもあるよ。


 
posted by: サンキュータツオ | WOWOWぷらすと | 00:52 | comments(1) | trackbacks(0) |-
東京ポッド許可局楽しく聞いてます
サンキュータツオさんの二人についていけない感じ
合いの手で必死に喰らいついてる感じが切なくて好きです
ただ合いの手(相づち)が少々過剰で聞きづらいです
鼎談ということをもう少し考えて頂けたらと思います
| beni | 2014/07/10 5:36 PM |









この記事のトラックバックURL
http://39tatsuo.jugem.jp/trackback/1250
トラックバック