Profile
  メッセージを送る
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
米粒写経HP
米粒写経HP
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。公式ウェブサイト
熱量と文字数
熱量と文字数
サンキュータツオPresents 二次元を哲学するトークバラエティ音声マガジン
漫才バカ一代
漫才バカ一代
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。
ワタナベエンターテインメント
ワタナベエンターテインメント所属
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「渋谷らくご」(#シブラク) 2014年11月公演 レビュー
「渋谷らくご」は2014118日、渋谷ユーロライブで記念すべき一回目が行われました。
試運転公演の意味合いが強く、動員に関しては苦戦した面もあるものの、意欲的な番組構成や演者さんの熱気が伝わっていく、なにかいままで見たこともないものが生まれているという、歴史的な場面に遭遇しているようだでした。

はじまる直前に、落語に関して「WOWOWぷらすと」で、この渋谷らくごのGMというべきWOWOWの射場Pとお話した様子が動画にアップされていますので、良かったら渋谷らくご成立の経緯と合わせてご覧になってください。

WOWOWぷらすと 落語の現在
※やはりいくつか私の事実誤認箇所がありました。自分で気づけるレベルもの。怒らないで「こいつなんも知らねえな」と思って聴いていただければと思います。

 
はじめてみると、やれ開演時間が早いとか、開演時間が遅いとか、インターバルってなんだよとか、休憩いるとかいらないとか、料金が高いとか、予約導入してくれとか、するなとか、あの人入ってないのおかしいだろとか、いろいろな保守層からのワガママな声が多く届くのですが、
文句がある人は、もっと開演時間の早い落語会、安い落語会、休憩のある落語会に行くことをオススメします。
あくまでこの「渋谷らくご」は、現代人のライフスタイルに落語という選択肢を作るべく設計しています。

「ひとりらくご」は仕事を早めに切り上げてでも、たっぷり見るべき人を。
公演後に食事をするのではなく、公演前に食事を済ませて「渋谷らくご」に来てほしい、そして帰りは仲間がいれば軽く一杯だけ、とか。
とにかくどういうライフスタイルにしっくりくるのか、仕事終わりに映画などを観に行くように、落語をフラっと観に来てもらいたいなと思ってこういう形にしています。
都内に素晴らしい落語会はたくさんあります!

ただ、渋谷らくごから発信するものは、ここでしかできないものをひとまずは追及していきます。
今月から、半分の席の予約をはじめました!
お客様の声を、聞かないわけではないのです。ただ、どうしてもネガティブなことしかつぶやかれない、言われない、アンケートに書かないという傾向がどのエンタメにもあるので(減点法でエンタメを見る人が多い)、
声になっていないポジティブな意見も同時に感じていきたいと思っております。

118 土曜日
14:00-16:00 「渋谷らくご」
立川談吉-野ざらし
三遊亭遊雀-初天神
昔昔亭A太郎-面会
柳家三三-粗忽の釘 
53
 
17:00-19:00 「渋谷らくご」
瀧川鯉八-やぶのなか
入船亭遊一-ねずみ
春風亭正太郎-時そば
林家彦いち-長島の満月
25
 
 記念すべき初日の一回目公演、最初に舞台にあがった立川談吉は、開口一番ではあり得ない演目「野ざらし」でこの落語会の方向を示した。
 「渋谷らくご」はひとり30分、4組の演者が自由にその時間を使い、ワールドを展開する。最初から「トリ」の構成。
 
 20代の学生の感想には、こう書かれていました。

 生まれて初めて、きちんと落語というものを鑑賞し、またその直前の彦いちさんの演目で完全にもっていかれていて、余韻でうまく言葉になりません。落語とは、こんなに面白い物なのかと、本当に感動しました。
 
2時からのプログラムの、談吉さん&A太郎さんのフレッシュな演目と、遊雀さん&三三さんの中道的な演目が並べられている構成も、とても面白かったのですが、落語初心者の私には、特に4時からのプログラムが圧巻でした。
 
鯉八さんの「藪の中」でまず引きこまれ、遊一さんの「鼠(?)」で日本人の美徳の息吹を感じ、正太郎さんの「時そば」でリラックスし、完全に準備が整った状態で「彦いち落語」を聴いて、最後に月が迫ってくるシーンでは圧倒され、不覚にも軽く放心状態になってしまいました。
 
僕は今まで、ずっとテレビで芸人の方を見てきて、しかし、その笑いに何となく限界を感じ、西洋のアートから何かヒントを得ようと勉強してきました。
 
しかし、西洋のアートは、やはり西洋人のもので、どんなにコンセプトが近くとも、そこで行われている行為は日本の芸能とは似て非なるものだと痛感しました。
 
そして僕は改めて「日本の笑い」が好きなのだと気付き、でもその「日本の笑い」とはどこから探せば良いのか、本当に探しあぐねていました。
 
今日は、その一つの解答を、鮮やかに目の前で見せていただいたと感じ、心から感謝しております。


「渋谷らくご」をはじめて、良かったなと思いました。こういう人がひとりいるということは、100人にも1000人にもなるということです。彼には勇気をもらいました。 
 

▼ツイートから

nobu @kinob5 
渋谷らくご。初めての落語でしたが楽しめました。迷ってたけど行って良かった。
無名の新人 @vp1850
第一回目の「渋谷らくご」楽しみました。開場はオーディトリウム時代から座席の配置が多少変わっているユーロライブ。ヴェーラの会員は割引があるのは嬉しい。今まで何度も聞いている「初天神」だが、今日の遊雀師匠のが一番面白い。おかしいのになぜか涙がにじむ。よい会でした。
無名の新人 @vp1850
「渋谷らくご」夜の部にも参戦。昼の部よりお客さんは少ない。トップの鯉八さんは、「会話の妙を楽しむ」ことに真っ向から歯向かう新作「やぶのなか」。いやあ、こんな噺を思いつくとはすごい。鯉八ワールドを堪能。正太郎さんの「時そば」聞いてたら蕎麦を食べたくなった。
グリママ @gurinomama
三三「粗忽の釘」ご自身は渋谷を歩いてても似合いそう。
多忙の中、手探りだろう会の初日のトリを引き受ける、芸の根性は、昔かたぎ?
結局、持ち時間45分。たっぷり、ノロケも聴け、本日だけのイレゴトも楽しめ、\(^-^)
atsushi oto(おいちょ) @atsushioto 
渋谷らくごっていうイベントで生まれて初めて生の落語を見た。春風亭正太郎さんて方が面白かった。あの聞いててワクワクさせる雰囲気は一体なんだ。

 
119日 日曜日
14:00-16:00「渋谷らくご」
春風亭昇々-最終試験
柳亭市楽-くしゃみ講釈
瀧川鯉斗-荒茶
立川吉笑-ぞおん
36
トーク「落語体験」サンキュータツオ、春日太一(映画史・時代劇研究家) ※動画配信中
 
17:00-19:00「渋谷らくご」
立川吉笑-狸の恩返し過ぎ
桂宮治-棒鱈
三遊亭歌太郎-転宅
橘家圓太郎-短命
40
トーク「落語体験」サンキュータツオ、中井圭(映画解説者) ※動画配信中
 
▼ツイートから

タロ芋 @taroimoa
落語を初めて生で観た。まったくの素人で、日本の伝統芸能を見に来た外国人ぐらいの感じだったけど、想像以上に面白かった!
やっぱり何でも生で見るのはいいな。
私にはまだまだ知らない噺がいっぱいあって、これから聞けるのだと思うと嬉しかった。
ごちょう: @fujinejima
立川吉笑さん、超面白かった!正直、今日は春日太一さん目当てで行ったのですが…今まで知らなかったのが悔やまれる。タツオさんの読み物も充実していて、イベントとしてもすごいお得感。
バッキー3NS @backy3ns  
「こうゆうの待ってました!」の渋谷らくごを昼夜味わう。ド素人でも分かるサンキュータツオさんの解説もあり、ますます落語が楽しく「また来よう」思います、いや誰か誘わなきゃな!
しんたろうふくもと @fukumotoQ10  
昨日に引き続き、今日もユーロライブの渋谷らくごへ。
昇々さんの汗だく熱演にこちらも息が詰まり、市楽さんのポップに演じる古典にハマり、鯉斗さんの暴走族話しには秘密基地気分になり、トリの立川吉笑さんは、日常の聴覚では感じ取れない、濃密な知覚へと誘ってくれた。
kaymiyazaki @kaymiyazaki
吉笑さんの「狸の恩返しのし過ぎ」て(笑)。題を聴いただけで笑ってしまいます。
ssk @ssksts
「渋谷らくご」の吉笑さん、まくらにファンペルシのヘッド・BPM・コンテンポラリーダンス・池田亮司・TBSラジオ等面白いだけじゃなく自分が興味ある香りがプンプン。明日は無理だが、次は一之輔と志ら乃を見に行こう。

 
 この日の昼は二つ目だけで構成した実験回でしたが、一番スリリングで刺激を受けました。
 また、夜も野心あふれる二つ目が三人続けて個性を発揮し、最後に圓太郎師匠が圧倒的なものを示してくださったのも大変おもしろかった!

 この日のことは、立川吉笑さんのブログでも書かれておりましたので、良かったら読んでみてください。
 立川吉笑ブログ 2014/11/13「渋谷らくご」
 こういった感覚を持っている方とお仕事できるのはとてもやりがいがあります。
 

 
1110日 月曜日
18:00-19:00「ひとりらくご」
春風亭一之輔-富久
76
 
20:00-22:00「渋谷らくご」
立川吉笑-粗粗茶
入船亭扇辰-雪とん
立川志ら乃-火焔太鼓
春風亭一之輔-笠碁
83
 
この日は結果的に、11月最高の入りとなりました。
 
▼ツイートから

cibicibichihiro@bici123cm
渋谷らくご行ってきた、一之輔さんをたっぷり大根多きけたのは、贅沢だったなぁ、いい企画だとおもう
emi@emiemi0107
渋谷らくご【ひとりらくご・春風亭一之輔】 当日フラッと行ってたっぷり一席、19:00に終演(早く帰れる)って凄くイイ!ここで渾身の「富久」が聴けた。嬉しい〜!ジェットコースターの久さんと優しい旦那やご近所さんがますます愛すべき人達になってた。ふわふわの座席で気持ちよい夕べでした。
コクモッツ@cocmoz
あ〜面白かった!
どうして一之輔さんのお話に出てくる人て、こんなにキュートなの?お酒でしくじってるのにスグまた酔っ払って、どうしようもないんだけど、たまらなく好人物。久さんと一緒に一喜一憂しちゃったよ。
植村 真太郎@s_uemura
生まれて初めて落語を目の前で鑑賞。渋谷ユーロライブにて開演中の「渋谷らくご」で春風亭一之輔の落語を。1時間落語(江戸?)の世界に没頭しました。面白かった(^_^)vこの落語家は全く知らないが、その話芸にグイグイ引き込まれました。また落語聴いてみたい!
@akanetoon
渋谷らくご・一之輔。『富久』だった(わーい)。1時間で富久だけ聞くっていうの、わりといいなと思った。4人くらいのホール落語だと、トリが始まった頃には疲れちゃってて長講が辛いときがあるから。
 
中井圭@nakaikei
2夜連続で「渋谷らくご」、行ってまいりました。今夜も実に面白かったです。僕は落語素人ですが、芸能の凄みを感じる瞬間が幾度もあって痺れました。今夜はぷらすとスタッフだけではなく出演者も数人来ていて、みんな面白いものに関心高いなあと思いました。これは早めに参加したほうが良いですよ。
池田裕子@ikedayuko
『渋谷らくご』本日の回、2回とも観させて頂きました。落語ってこんなに個性が出るものなのかと驚きでした。特に私は入船亭扇辰さんの「雪とん」に衝撃を受けました!演劇を観た後ような満足感!登場人物の演じ分けがすごかったです。明日のまくら王も見る予定。
TAKE4@sheepdog4989
渋谷らくご終了。
確信犯か暴走か読めない吉笑さんと、喋り出したら止まらないスペクタクル落語の志ら乃さんを挟んでの王道落語の順番は、タツオさんのセンスを感じた!!
落語は志らく一門しか聴いたことなかったので、笠碁をこんな風にやるのかという発見もあり、有意義な落語体験ができた♪
ひぃす@heath_77
渋谷らくご終わり。とても良い流れの会でした。吉笑さんか引っ掻き回し、扇辰師匠が艶噺で場を整える。仲入りと呼ぶには短すぎる3分間のインターバルを挟んで、志ら乃師匠が十八番でどっかんとやって、一之輔師匠のこれぞという笠碁で〆。ほんと、来月以降、誰呼ぶんです、これw

 
 「ちょいと小噺」というブログでは、
 「渋谷らくご」のいいところ
 という記事で、この日の2公演をご覧になった感想がアップされています。
 勝手に紹介しますが、どういう感想であれば語りたくなるなにかを残せたのはいいことです。

1111日 火曜日
18:00-19:00「ひとりらくご」
柳家喜多八-七度狐、お直し
30
 
20:00-22:00「まくら王」
笑福亭羽光
柳家わさび
昔昔亭A太郎
立川生志
桂歌春-鍋草履
37
 トーク「落語体験」サンキュータツオ、岩崎太整(音楽家)、長田ゆきえ(ラジオプロデューサー) 
  ※動画配信中

▼ツイートより

谷口雄一郎 @you5569
僕が圧倒的に渋谷らくごを推すのは渋谷という落語とはかけ離れたカルチャースポットから発信される大衆芸能が、奇しくもユーロスペースのあるビルから発信され、かつ、そこに集うもの、表現者に必ず通じるものがあると思ってるからです。とキリンジを聴きながら全くの部外者なのに思ったのでした。
後藤 @tgoto_27
『渋谷らくご』面白かった!「まくら王」も良かったし、来月も行きたい。
池田裕子 @ikedayuko
昨日に引き続き、渋谷らくごを観てきました。本日は『まくら王』という企画!なんと落語なしで枕のみ。落語の世界って案外自由なんだなぁという印象でした。トリを務める桂歌春さんの喋り方がとても心地良かったです。来月も観に行く〜!

 
落語会なども主宰しておられる、四家正紀さんのブログでは、
趣向で勝負! 渋谷らくご まくら王 2014/11/11
なんて記事でも紹介してくださり、とてもうれしい。
 

11月の公演は、このような感想でした。まだまだ紹介しきれいものもたくさんありました。
可能であれば「渋谷らくご」公式ツイッターで、感想集などもありますので、ご覧ください。

ひとついえることは、
これほどまでにSNSやネットで話題になる落語会はあまりない!
ということです。
これは、年齢層が若いことの証拠です。
何百人のお客さんが入っても、だれひとり感想を公にしない会などもありますが、
「渋谷らくご」では、「落語に触れたことがないけど、どんなものか、行ってみたいな」と思っていただけるために、いろいろな工夫を考えております。
はじめて落語を味わう人の生の反応に触れる機会、そしてその瞬間に携わることもなかなかありません。
また、落語ファンが、この落語会をどう受け止めているのか、ちゃんと満足していただけるものなのかの指標にもなると思います。

どうぞ今後ともお引き立てのほどを!
 
今月はどんな公演が飛び出し、どんな感想が出るのか、楽しみです!
演者さんのツイートやブログもおもしろいものが多いです!
ツイッターでは「#シブラク」でつぶやいてくださいね!
 
アンケートにも、ドシドシご協力くださいませ!
 
2014.12.12

 
posted by: サンキュータツオ | お知らせ | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://39tatsuo.jugem.jp/trackback/1286
トラックバック