Profile
  メッセージを送る
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
米粒写経HP
米粒バナー
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。 オフィス北野所属。
アニメ会公式HP アニメ会公開秘密基地
アニメ会バナー
「オタク芸人トークユニット」アニメ会のホームページ。 サンキュータツオもメンバーのひとり。
東京ポッド許可局
東京ポッドバナー
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ、3人の文系芸人が行間を、裏を、未来を……読むラジオ。エンターテイメント(楽しい)とインタレスト(興味深い)を両立させた「おもしろい」があるポッドキャスト。毎週日曜日更新。
アニメ会のポッドキャスト「ヲタめし」
ヲタめしバナー
アニメ会(国井咲也、三平×2、サンキュータツオ、比嘉モエル)でお送りするポッドキャスト。これさえ聴けば、いまどのアニメがおもしろいのか、いまアキバ系でなにが熱いのか一発だ! というわけで、いますぐ「ヲタめし」あれ! 毎週火曜日更新。不定期出演。
漫才バカ一代
漫才バカ一代バナー
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。 漫才バカ一代のページ、またinfo@kometsubu.comでもご予約受け付けます。
オフィス北野
オフィス北野バナー
所属事務所のオフィス北野です。
北野笑科大学
北野笑科大学バナー
携帯で事務所のタレントのネタが見れる!?
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    薔薇が咲いてるね (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    はー (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    ひー (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    ふー (10/19)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    てつ (10/14)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    いー (08/01)
  • 【4/23(日)サンキュータツオ プロデュース公演「ていおん!」下北沢シアターミネルヴァ 来てね〕
    koko (05/25)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    とたか (05/19)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    セリーヌ (02/16)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    しこしっこ (02/14)
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【渋谷らくご短観 2016年8月】

このご時世になるとブログはあまり私のことを知らない人には拡散せず、むしろ私のことを知っていたり文句を言う目的でロックしていたりする人だけが熱心に読むものだということがなんとなくわかってきたので(もちろん両者とも私は愛しているのだ)、

初心者向けの情報は「渋谷らくご」のHPに書くとして、ここでは備忘録的に、渋谷らくごのことを書く。もちろん初心者向けではない。

 

喜多八師匠が亡くなったショックからいまだ抜け出せずにいる。

それでもゆるやかに、前向きになれたのは、6月14日の18時、もともと喜多八・ろべえの「ふたりらくご」を予定していた一時間、ろべえさんがひとりで務めてくださった、あの高座からである。

 

昨夏、自転車に乗られなくなった師匠を拝見し、楽屋でのご様子、鬼気迫る高座の連続を目の当たりにして、この一年は、いかに喜多八師匠に気分よく高座を務めていただくか、それを中心に考えてきた。

渋谷らくごには構成と動員の核にしている演者が何人かいて、またそれぞれの世代やグループのハブになる人で、継続的に出演していただける方にお声かけさせていただいている。喜多八師匠はそのなかのひとりだった。

師匠とはとくに踏み込んだ話をしたことがない。21年に及ぶお付き合いのなかで、ご一緒することは何度もあっても、師匠の言葉の端々からいまどんなことを考えているのか、それを直接聞かずに間接的に接することが、自分としてはとても心地よかった。

私はどんな初心者にも、最初に落語の魅力を知り、また聞き分けを通して、次第にわかっていく魅力もまたひとつの魅力であることを知ってほしいと思っている。つまり、「最初わからなかったけど、そのうちわかる魅力」といったものの存在である。

むろん、本物は最初から伝わるという考え方もある。扇辰師匠や馬石師匠、圓太郎師匠に文左衛門師匠といった面々に継続的に出演していただいているのもそういう考えからである。

喜多八師匠はそういった意味でいうと、最初からわかる人と、最初はわからない人がいる、まことに奥深さを持った師匠だと考えていた。

別のおめあての演者を聴きに来たついでに、喜多八師匠を聴いて、最初はわからないけど、二回目、三回目と聴いていくうちに、とてつもなくすごいものに触れているという実感を、肌で感じさせてくれる存在だ。こういう演者がひとりはほしい。

同時に、元気のいい若手でガチャついた番組でも、しっかり自分の芸に引き寄せる静の芸。圧倒するタイプではなく、聴かせる力を持った人。真剣に聴かなくなったって、なんとなくでも情報が気持ちいいスピードで入ってきて、気付いたら別世界へと連れていってくれる人。かといって独善的ではなく、寄席的な時間の流れや、多様性をよしとしている象徴的人物。喜多八師匠の魅力を語りだすとキリがない。

演者さんすべての魅力を語りたいけど、語り切れないジレンマがある。

 

一之輔師匠でも松之丞さんでも、鯉八さんでも昇々さんでも吉笑さんが入口でも構わない。だけど、彼らを楽しむと同時に、喜多八師匠の芸の魅力も示唆することこそが、初心者向けとうたった渋谷らくごのやるべきことだと私は感じていた。

 

渋谷らくごを、短期的な興行と考える場合と、中・長期的な興行と考える場合、双方を考えたうえ、他の落語会の主催者にご迷惑をおかけしないバランスで、演者さんには慎重にお声かけしなければならない。

また、開始当初から不入りが続いた状況と、そこそこ入るようになった状況と、あまり入りすぎてもいけない状況によって、都度微妙に番組を構成し直していく。「なぜこういう番組になるのか」という疑問が生まれるほどに、まるで囲碁でもやっているように一見不思議な手を打つこともある。

メンバーをなんとなく固めつつも、固めきらないのも大事なことで、渋谷らくごの色をつけすぎてもその演者のためにならないことが多いし(敵視している人ももちろん多いので)、芸風によっては若手のころに結果をいそがず60歳で形になるように設計されているものもあるので、若手のうちに消費しないほうがいいものもある。演者を焦らさないことも重要だ。消費を生むと同時に、消費を急がせないことも考えなければならない。

 

しかし、日に日にまずい状況になっていく師匠が、決して渋谷らくごを休まない、それどころかむしろ楽しみにしているようにさえ見えてきたとき、もう少し先にと考えていた、立川左談次師匠にお声をかけずにはいられなかった。

談志師匠脱退前は、落語協会で交流があったであろうお二人。柳家で、酒が好きで、脱退前に協会で真打になっている左談次師匠は、おそらく喜多八師匠と普段は一緒になる機会が少ない、それでいて気が合うはずの二人。

左談次師匠の足の骨折からの復帰を待ち、渋谷らくご2周年となる2015年11月に、左談次師匠と喜多八師匠の邂逅は実現した。あの日の両師匠の笑顔はいまでも忘れることができない。

思うように歩けなくなり杖をついて会場の下までたどりついた喜多八師匠は、こんな格好兄さんには見せられねえなあ、と躊躇していたが、楽屋につくなり「兄さん、オレこんなになっちゃったよ〜!」と杖をもって明るくおどけてみせると、それを見た左談次師匠も自らの杖をもって「オレもだよ〜!」と答えた。久しぶりにあった二人がこんな会話からはじまるのだから洒落てる。芸人かくありたい。

 

「また兄さんとやりたいなぁ」とその日喜多八師匠はおっしゃった。何度か実現した。

喜多八師匠はそれからも、あいつとやりたい、こいつと出たいと、リクエストをしてくださった。

11月からは半年もった。師匠が亡くなる前の世界と後の世界は、確実に自分のなかで変わったはずなのに、目の前の世界はおなじなので現実感がない。

それでもふとしたときに思い出すと涙が出てしまう。

2016年5月31日、私はコンビではじめて新宿末廣亭の舞台に立った。余一会、喬太郎師匠と文左衛門師匠の二人会のゲストであった。二つ目では神田松之丞さんも出た。

その打ち上げの席で、喬太郎師匠の口から喜多八師匠の話をうかがったとき、本当に亡くなったんだと妙に現実に引き戻された気がして涙が止まらなかった。

20年前、あれほど追いかけた喬太郎師匠が目の前にいるという非現実的な光景なはずなのに、その口から出た言葉だからこそ圧倒的現実だった。

 

左談次師匠はあきらかに夜中のツイートが多くなり、しょうもないダジャレツイートの数が減った。

喜多八師匠の死をキッカケに、文都師匠(関西→談坊→文都。私にとって文都はずっとこの文都です!)や談大さんといった方々のことも思い出されているようだった。なんて愛の深い方だろう。

それでも渋谷らくごは毎月続いている。

演者さんはみんな熱演続きだ。お客さんもすれてなくてとても反応がよい。といってミーハーばかりというわけでもない。

 

左談次師匠はその後も名演続きだ。

喜多八師匠代演が出た5月は「短命」、6月は「町内の若い衆」に「万金丹」、7月にはトップで出た笑二さんが「弥次郎」をやったにもかかわらず談志直伝の「弥次郎」をかけて場内を沸かせてくださった。

 

これも6月の「渋谷らくご」で旅の噺を演ろうと稽古してきたものの出番前に旅の噺がついたことから「町内の若い衆」に変更、翌月またネタがついたという因縁を、逆手にとった策略でとても可笑しかった。中途半端にネタがつくならまだしも、完全におなじネタだったらむしろ面白いだろうという判断、悪戯心もあってとってもオシャレだと思った。

ちなみにこの日のトリは喜多八師匠の盟友、扇遊師匠であった。喜多八・扇遊・鯉昇の三師匠は一緒に出ないように心がけてはいたが、それでもこの日、楽屋に喜多八師匠がいらっしゃる気がした。杖に頬杖をついて、ニヤっとしてくれたかなぁ。

 

そんな左談次師匠が8月に体調を崩され入院、さきほど食道癌で闘病中と公表なさった。

食道癌は私の父がかかった病であるが、最初は症状がわかりにくい。進行もゆるゆると。

左談次師匠のことなので、お酒が点滴になったぶんむしろ元気になって帰ってくるのではないかと思うが、来年は落語家生活五十周年、完全復活をしてもらわなけれなならない。

「出ると病気になる落語会」とならないように、左談次師匠にはまだまだ働いてもらいたいのだ。「働け!左談次」って木村万里さんやってたなあ。あれで知ったクチ。

左談次師匠に気持ちよく高座にあがっていただくのが、渋谷らくごの新たなモチベーションのひとつだ。いまは回復を祈るばかりである。

 

 

ここ数ヶ月、落語に関しては徒労感を感じつづける日々だったかもしれない。

テレビの取材は画一的でどこも聞くことがおなじ、おまけに扱いが雑で客席でのマナーが悪いので極力断ることにした。

雑誌の取材も二時間くらいしゃべって、特集全体の構成までしたような感じなのに、記事になるのは5行だけ。いや、落語界全体を扱ってくれるならそれでもいい。それでも結局は「勢いのいい若手」と「動きの目立つライブ」だけで、定席への誘導があまりうまくはいっていない。

メディアとはそういうものだと言われればそれまでなのだけれど、じゃあその記事観て行こうと思った人にとって間口の広い場所でないと意味がない。その日一日限りの「点」の興行で勝負するタイプのライブをそこで紹介したとして、だれが得をするのか。

『赤めだか』のドラマ化と、『昭和元禄落語心中』のアニメ化が、どれだけの波及効果をもたらしているか。実測できている演者も会も皆無だろうが、私は如実に数字がわかるしなによりアクティブユーザーは落語心中のファンなのだ。そのことがあまりに触れられなさすぎだ。

『POPEYE』の取材が丁寧だったかもしれない。

ほかは落語好きなんですよといいつつ、志ん朝しか知らない記者だったりホール落語しか行っていない人だったりと意外と偏りがあって、なかなか信用できる記者がいない。それも無理もない。なにせ数が多すぎる。

初心者向け、を思い切って宣言しちゃったぶん、そういった人たちを引き寄せてしまうのは宿命なのだが、それにしてもおなじことばかり何度も言って、お金も出ず、アイデアばかり吸い取られて、扱われなかったりするのはむなしい作業だ。私はこれを生業としているわけではないから、完全にサービス残業みたいなものになってしまう。というわけで、今後の取材はまず資料を読み込んでもらいこれまでの発言を好きに使ってください、そのうえで聞きたいことがあったら、適した人や場所を紹介しますので、というスタンスにしていかざるを得なくなった。ありがたいことなんだけど、渋谷らくごのスタッフもひとりしかおらず連絡の手間だけでも相当な労働になってしまうのでこれはご容赦いただきたい。

と考えているところに、某公共放送の硬い番組から、最初にヒヤリングさせてください、と例によって業界の全体像を教え、データや出展を示し、渋谷らくごについて語り、最終的には紹介されもせず構成料もなし、というパターンのやつを引き受けざるを得なくなって、穏やかな気持ちでおしゃべりしたわけだけれど、せめて業界のためになるような紹介をしてくれるといいなあと、こちらも祈るばかりである。

ここで折れてはいけない。

文芸誌でもちょくちょく落語を特集していたり、渋谷らくごに出てくださっている演者の方のインタビューなども掲載されるようになった。もちろん、これまでの業界を支えてきている人々の尽力が大きいのであるが、こういった点と点を、線にし、面にしていく作業が定期公演の役割だろう。

 

渋谷らくごではないのだが、立川流の若手たちだけで行ったトークライブにこっそりと足を運んだ。

みなとても真摯で、現代的で、だからこそ傍らで観ていてもどかしいところもあり、考えることがたくさんあった。

こういう人たちが、努力し悩んだぶんの10分の1でも報われる状態にしたい。外部の人間ができるのはそこまでだ。

 

人が集まらなければさんざんバカにしていた人たちが、人が集まるとなると利用しようと近づいてくる。そういう人たちと敵対せずに、お互いにとっていいあり方を模索する。収益のノルマではなく、演者還元を第一に考えられるのが、これを生業としていない私の強みなわけだから、なんとか演者さんたちの一席入魂の情熱を、最大の効果を発揮できるところまでもっていきたい。

理念を共有できる人や企業に理解を仰ぎ、協力していきたい。

渋谷らくごは第二フェーズに突入しているのだ。喜多八師匠は、そこまで連れて行ってくれた存在だ。

 

 

8月は、二つ目の柳家わさびさんのトリの公演を核に、お盆興行に挑戦した実は非常に難しい月であった。

確実に動員が読める公演を一回だけ作り、興行初日のニコ生中継、毎週更新のポッドキャスト、ツイッター、HPで他の公演を推していく。

この方法が有効である限りは、これを続けていくことになるのだが、フタをあけてみればおかげさまで大勢のお客さんに来てもらうことができ、また満足度も非常に高かった。

当日券も堅調に伸び、わさびさんトリ回のみ札止めで、その他の会は当日でも入れる状態で維持できた。

 

土日、落語家さんの都内不在状態はこの会にとっては非常に危機的状況であることは変わらないが、それでもスケジュールをくださる演者さんたちには感謝しかない。だって初心者は土日に来るんだもん。

そういった意味では、13日土曜の創作らくごネタおろし会「しゃべっちゃいなよ」、14日日曜の14時圓太郎師匠トリ公演、17時菊之丞師匠トリ公演の内容の充実っぷりは尋常ではなかったと自負している。13土14時回も、左談次師匠の代演で、桃太郎師匠という私のスペシャルカードを使ってしまったが、お客様には満足していただけた。松之丞さんも柳朝師匠のトリも、素晴らしかった。

 

今月は、14日小辰さん、15日ろべえさん、16日文左衛門師匠と「青菜」3連発が聴けたのも楽しかった。

文左衛門師匠にいたってはネタ帳を確認してからの、もはや確信犯だったから連続公演ならではの楽しさだった。

14日20時からの「前座さんを見守る会」も公開稽古のファイトクラブ的雰囲気を帯びて、非常にスリリングな会だった。

15日の夜は、日ごろお世話になっているモニターのみなさんとご挨拶することもできた。

8月一番笑ったのは昇々さんの「千両みかん」、こしら師匠の「粗忽長屋」だった。菊之丞師匠の「もう半分」と、松之丞さんの「お紺殺し」は、両者とも納得の出来ではなかったかもしれないが、客席で観ていて心を持っていかれるほどおののいた。

全高座印象深かった。誇張でなく。

 

 

柳家わさびさん。

この演者さんの魅力は奥深い。古典の解釈、演出、表現力。新作のキャラクタライズにストーリー構成。

シブラクHPでも触れたが、なによりネタのチョイスのセンスが秀逸だ。

15日20時、欧州帰りの一之輔師匠が、無双状態で「加賀の千代」で沸かしまくったが、この日は事前にこうなることを予想して、新作を選択していたのだろう。結果、自分だけが目立つのではなく、吉笑さん、ろべえさん、一之輔師匠、わさびさんと、四者の魅力が引き立つ公演にしてくださり、実にわさびさんらしい公演になった。

とはいえ、この演者さんはまずはテキストの質を高めていって、技術を追いつかせていくタイプ。五十、六十のときその芸の全貌が明らかになっていく、強度優先の演者だと私は勝手に思っている。それでも現時点での魅力も充分ありすぎるくらい。

一席にかける準備が尋常ではないので、あまり消化しないように気を付けたい。

こういう特別な会は、なにより演者本人の満足度が客席の満足度になる。

そういった意味では、達成感に包まれた空気だったように思う。

 

八割愚痴になったけど、たまにはこういう毒抜きをせなば。なによりだれとも共有できないので、自分で忘れないようにしないといけない。

 

来月は、最終公演に文左衛門師匠が出る。渋谷らくごとしては襲名前の最後の出番になる。

真打昇進が決まっているろべえさん、志ん八さん、ポッドキャストでじわじわ人気の扇里師匠、そして文左衛門師匠。

みなさん最初の師匠は亡くなってしまった人たちで揃えてみた。少しだけでも師匠の思い出が聴けて、そして最後には前向きな気持ちになれる会にしてくれるだろうと確信している。

一之輔師匠、松之丞さん不在というこれまでにないピンチではあるが、こういったピンチをチャンスにしてこその興行だ。

すべての会が楽しみな会になった。少しでもお客さんを入れるよう、日々考えをめぐらせるとしよう。

 

原稿にもどらなければ。

posted by: サンキュータツオ | 渋谷らくご | 02:45 | comments(1) | trackbacks(0) |-
小生、幼い頃に人形町末廣で圓生の「ちきり伊勢屋」を聴いて落語の虜となった者です。
寄席へ通い続けて50年、今も楽隠居の身分を存分に生かして月間20件以上の落語会へ行く爺でございます。
シブラク歴は浅くデビューは昨年、喜多八師を目当てにしておりました。

そんな小生からシブラクへの提言です。
1、立川流(特に中堅若手)贔屓はやめろ
周知の事実ですが脱会以降の弟子達の力量には疑問符がつきます。(個人差はありますが…)
落語協会と違って満足のいく口伝継承の土壌が整っていないのは仕方ないと思いますが、立川流の中堅若手にヘタクソが多いこと多いこと、はっきり言って「道灌」一つ聴いても落協の前座さんの方が上手いです。
サンキューさんはそんな立川流噺家に何か光るものを感じられて、出演を打診されているのかもしれませんが顔付けに立川流の名前があるだけで嫌悪感を持つ客は多いと思います。即刻控えるべきです。(完全に止めろとは言ってません)
小生も「立川流」が嫌いという訳ではありません。脱会以前の弟子達に実力者は多いと思っています。挙げるとすれば龍志師匠、彼は名人ですよ。
二つ目ですと寸志さん、語り口も良くて面白い存在です。
2、寄席の文化を守れ
以前伺った際に、開口一番が二つ目の「芝浜」でした。あれには閉口しました。
別に「子ほめ」や「たらちめ」をやれとは言いませんが、最低限の配慮は欲しいものです。主任の師匠に向けて徐々に雰囲気を盛り上げていく、これこそが落語鑑賞の醍醐味です。寄席の良い文化を取り入れた方が賢明かと思います。
3、この人が聴きたい、聴きたくない(順不同)
【聴きたい】
扇遊 扇辰 一之輔 圓太郎 菊之丞 文菊 馬石 百栄 鯉昇
ろべえ 正太郎 小辰 小痴楽
【聴きたくない】
こしら 志ら乃 吉笑 鯉斗(こいつは落研以下) 昇々
4、新メンバーはこの人(小生の希望)
小満ん 今松 菊丸 萬窓 龍玉 茶楽 南なん 小文治
龍志 一蔵 始 寸志 好の助
5、最後に
年寄の戯言だと思わず、真摯に受け止めること

以上
| 落語通 | 2016/09/06 6:49 PM |









この記事のトラックバックURL
http://39tatsuo.jugem.jp/trackback/1422
トラックバック