Profile
  メッセージを送る
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
米粒写経HP
米粒写経HP
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。公式ウェブサイト
熱量と文字数
熱量と文字数
サンキュータツオPresents 二次元を哲学するトークバラエティ音声マガジン
漫才バカ一代
漫才バカ一代
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。
ワタナベエンターテインメント
ワタナベエンターテインメント所属
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【BRUTUS 特集:漫才ブルータス 寄稿】 

現在発売中の雑誌『BRUTUS』、

漫才を特集しています。

 

昨今の雑誌が落語に飛びつくなか、漫才を取り上げるという「逆に」感。

こういうのいいよねえ、とがってて!

 

iPhoneImage.png

 

 

いろんな人が漫才について語ったりしているのですが、

私は「漫才の構造分析講座 言語コミュニケーション編」ということで、

言語学的アプローチからの漫才分析という、

私の研究の成果を商業誌で4P、紹介いたしました。

 

これは画期的なことです。

 

笑いの研究は、身近なテーマだけに、市井にもしたり顔で語る人たちが数多くいますし、

学者でさえも印象論や結果論で語ることが横行しているジャンルです。

自分の研究ジャンルの有効性を説くために、あるいは趣味の研究として、

全体の論点を整理しきらぬまま論文を書きすぎなのです。

 

私はこのジャンルでは、国内でも片手くらいしかいない専門家だと自負しています。

 

紹介させていただく機会を与えてくださったBRUTUS編集部のみなさんに感謝しています。

 

「パフォーマンス編」の細馬先生の記事もマストで読んでいただきたいです。

こちらは、言語のなかでもメタ言語、非言語といった、談話分析的なアプローチです。

必読です。

 

いまだに私の論文を見つけては、

指導してください、お話聴かせてくださいという方が年に何人かいます。

 

笑いのテキストの研究は2000年代までは需要のないもので、

だからこそ研究者が少なかったのですが、

いまは人口知能の研究が進んだとき、

「情報のユニットをつなげて、自分で遊ぶ」

ということをAIにプログラミングさせようという動きが出てきました。

つまり、工学からの要請が多くなり、

いまでは「語用論」や「会話分析」をゼロから勉強する工学者たちが増えてきました。

これはすごいことです。

 

来年あたり、書籍という形にできたらと考えています。

できたら、ね。

 

 

 

posted by: サンキュータツオ | 書き物 | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://39tatsuo.jugem.jp/trackback/1426
トラックバック