Profile
  メッセージを送る
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
米粒写経HP
米粒バナー
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。 オフィス北野所属。
アニメ会公式HP アニメ会公開秘密基地
アニメ会バナー
「オタク芸人トークユニット」アニメ会のホームページ。 サンキュータツオもメンバーのひとり。
東京ポッド許可局
東京ポッドバナー
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ、3人の文系芸人が行間を、裏を、未来を……読むラジオ。エンターテイメント(楽しい)とインタレスト(興味深い)を両立させた「おもしろい」があるポッドキャスト。毎週日曜日更新。
アニメ会のポッドキャスト「ヲタめし」
ヲタめしバナー
アニメ会(国井咲也、三平×2、サンキュータツオ、比嘉モエル)でお送りするポッドキャスト。これさえ聴けば、いまどのアニメがおもしろいのか、いまアキバ系でなにが熱いのか一発だ! というわけで、いますぐ「ヲタめし」あれ! 毎週火曜日更新。不定期出演。
漫才バカ一代
漫才バカ一代バナー
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。 漫才バカ一代のページ、またinfo@kometsubu.comでもご予約受け付けます。
オフィス北野
オフィス北野バナー
所属事務所のオフィス北野です。
北野笑科大学
北野笑科大学バナー
携帯で事務所のタレントのネタが見れる!?
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    セリーヌ (02/16)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    しこしっこ (02/14)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    バカボンのパパ (02/11)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    saaww5ttt.djd (02/04)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    バリュー (02/03)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    盛 (02/02)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    20 (01/26)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    shes (01/25)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    れんと (01/20)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    チョコバー@ゑ (01/20)
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【『成金本』東京かわら版出版 寄稿】

東京かわら版から出ました、

成金本

に寄稿しました。

 

「成金」とは、落語芸術協会という団体の若手のユニットで、

現在二つ目の人たち11人のメンバーで構成されています。

 

で、毎週金曜日に定期公演をしていたり、

人気が出てくると「成金」を売り興行にしたりと、

「グループで動けることのメリット」

を最大限に活かしているグループで、

現在の若手の勢いと、若いお客さんの増殖にまちがいなく一役かっている、

業界では知らぬものはいない存在です。

 

 

二つ目のユニットが、書籍を出すこと自体異例なことなのですが、

それを、落語会唯一の専門情報誌「東京かわら版」が出したことは歴史的な意味があります。

 

今回、このお話を受けたときに、担当になったのが、東京かわら版の田村さんでした。

田村さんは、実は『笑芸人』という雑誌の編集をずっとなさっていて、

私は22歳くらいのときからお世話になっていた方でした。

笑芸人は、米粒写経で漫才をしはじめたときに、東京の漫才師ベスト50に入れてくださった記念すべき雑誌でもあり、

また高田文夫先生の責任編集ということもあり、演芸係数の高い雑誌でした。

ライターとしてもちょくちょく参加させていただいていたり、いまだに背筋が伸びるものです。

 

今回、8ページを頂戴して「成金」の社会的存在意義と、

メンバーそれぞれに個人的に思っていることなどを生意気にもしゃべらせてもらったわけですが、

このインタビューをうけて文字化してくれたのが田村さんだったのです。

田村さん、相変わらずの演芸バカみたいな感じで、情熱があって、私は尊敬をあらたにしたのでした。

 

出来上がった本を読み、「ああ、田村さんが作った本だなあ……」とじんわり実感できるほどの、

文字の密度の濃さ、行間の狭さ、フォントの圧、

なんかものすごく感動しました。

 

しかもこの本に載っているのは、渋谷らくごを盛り上げてくださっている気鋭の二つ目たち!

 

自分がこの時代に生きた役目を果たせたなと思える一冊でした。

 

成金の皆さん、田村さん、本当にありがとうございます。

 

 

posted by: サンキュータツオ | 渋谷らくご | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://39tatsuo.jugem.jp/trackback/1442
トラックバック