Profile
  メッセージを送る
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
米粒写経HP
米粒写経HP
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。公式ウェブサイト
熱量と文字数
熱量と文字数
サンキュータツオPresents 二次元を哲学するトークバラエティ音声マガジン
漫才バカ一代
漫才バカ一代
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。
ワタナベエンターテインメント
ワタナベエンターテインメント所属
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
  • ◇宇多田ヒカルの浮気
    ひかり (04/28)
  • 【TBSラジオ『荒川強啓デイキャッチ』終了】
    タツオ (04/04)
  • 【TBSラジオ『荒川強啓デイキャッチ』終了】
    杉浦舞 (03/31)
  • 【所属事務所・窓口について】 
    Junko (03/30)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    身体性 (09/19)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    sao (05/24)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    あa (03/24)
  • 【1/21(日)サンキュータツオ プロデュース公演『ていおん!』新宿プーク人形劇場 来てね】
    サカモト (02/14)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    からこ (01/23)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    mi (01/23)
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
おもしろ論文探索 「女性向け二次創作に見られる自己表現」
「おもしろ論文探索」、今回は先日のライブでご紹介した、画期的論文をご紹介。

女性学年報

霜村史織(2006)
「女性向け二次創作に見られる自己表現」
『女性学年報』第27号


この論文は、オタク世界のなかでも「腐女子」と呼ばれる人たちの実態調査、また用語提議などを正確になしているだけでなく、フタを閉じられた「女オタク」の愉しみと主張を、実際に「オタク」である筆者が満を持して放った意欲作である。

冒頭

これが論文の冒頭。
信じられない一文からはじまる超カッコいい論文である。

「オタクは市民権を得た。しかし、わたしは居場所を失った。」

これが冒頭文!
超カッコいい!
この、「個人的」なことから入る感じ!
歴戦の学者が、晩年たどり着くこのスタイルに、この方は最初に到達してしまっているのである!
要するに、『電車男』とかその後のオタクフィーチャリングによって、オタクというイキモノは知られるようになったが、それは言っても男性の「オタク」のことであって、女性のオタクの実態に関しては、いまだに偏見といわれなき差別に溢れた世界である、と。
したがって私は居場所を失ってしまった!
みんな奇異の目で見ないで! どうかそっとしておいて!
ということを、私は論文で絶叫するゥ!
という論文である。
この腹のくくり方たるやどうだ。カッコいいといわざるを得ない。この人は、本田透先生の『電波男』は読んだだろうか?
宮部みゆきや三浦しおんにも負けずとも劣らない、最強の論客現る!といった感じである。

この論文の画期的なところは、オタクであれば常習的に使用するが、一切辞典の類には載らない語、つまり「やおい」「ヤオイ」「腐女子」「カップリング」「受け」「攻め」という言葉を、見事に、いや恥ずかしげもなく、超クールに定義したことである。
どういう定義だったかは、問題があるので差し控えたい(各自確認していただきたい。感動する)。

図3

また、同人活動をしている作家さんたち(もちろん女性)にアンケートを行い、伝統的に言われてきた、「だれに感情移入して書くか」、そして「好きな人間を主人公をすえるか、否か」といった議論に、見事に応えている!(上の図)
ちなみに、アンケートをとった作品は、「テニスの王子様」と「NARUTO」という、本格的に「わかってらっしゃる」チョイス。『週刊少年ジャンプ』を支える大きいお姉さんたちへの正面突破である!

人類でここまで理屈っぽく、そしてしっかりと女オタクの実態を把握しようとした人がいただろうか?
論文ではたぶん史上初である。

総受け 総攻め

挙句、「総受け」「総攻め」の図まで展開する潔さ!
いやマジかっこいい!
まさか図解するとは!
それまで「アナルセックス」とか「ペニスを挿入する側」とか説明していたのに、結局図解かよ!という…。
ロックってこういうことですよ!
私がはじめてこの論文を図書館で目にしたときの衝撃は、筆舌に尽くしがたいものがある。

ハンパない覚悟とともに、巻末では「現役でオタクです!」という漢らしい発言も!
史織さんという名前はエロゲーのヒロインちっくでありながら、この突き抜け具合は尊敬に値します。

世の中には、こんな論文もあるのです。









posted by: サンキュータツオ | フィールドワーク | 22:29 | comments(0) | - |-