Profile
  メッセージを送る
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
米粒写経HP
米粒バナー
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。 オフィス北野所属。
アニメ会公式HP アニメ会公開秘密基地
アニメ会バナー
「オタク芸人トークユニット」アニメ会のホームページ。 サンキュータツオもメンバーのひとり。
東京ポッド許可局
東京ポッドバナー
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ、3人の文系芸人が行間を、裏を、未来を……読むラジオ。エンターテイメント(楽しい)とインタレスト(興味深い)を両立させた「おもしろい」があるポッドキャスト。毎週日曜日更新。
アニメ会のポッドキャスト「ヲタめし」
ヲタめしバナー
アニメ会(国井咲也、三平×2、サンキュータツオ、比嘉モエル)でお送りするポッドキャスト。これさえ聴けば、いまどのアニメがおもしろいのか、いまアキバ系でなにが熱いのか一発だ! というわけで、いますぐ「ヲタめし」あれ! 毎週火曜日更新。不定期出演。
漫才バカ一代
漫才バカ一代バナー
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。 漫才バカ一代のページ、またinfo@kometsubu.comでもご予約受け付けます。
オフィス北野
オフィス北野バナー
所属事務所のオフィス北野です。
北野笑科大学
北野笑科大学バナー
携帯で事務所のタレントのネタが見れる!?
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    いー (08/01)
  • 【4/23(日)サンキュータツオ プロデュース公演「ていおん!」下北沢シアターミネルヴァ 来てね〕
    koko (05/25)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    とたか (05/19)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    セリーヌ (02/16)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    しこしっこ (02/14)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    バカボンのパパ (02/11)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    saaww5ttt.djd (02/04)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    バリュー (02/03)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    盛 (02/02)
  • 現代文受験問題必勝法 〜現代文の解き方・現代文の勉強法〜
    20 (01/26)
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
木のスプーン

 ♪木のスプーン


小学生のときに、ある春のこと、母の実家にひとりで行った。
母の実家は、奈良県で、私はひとりで新幹線に乗ってそこまで行くことに、大いなる冒険を感じていた。


新幹線に乗る、ということは、当時の私にとってはお祭りのようなもので(今もそうであるが)、
せっかく一人で行くのだからと、精一杯満喫したい気持ちで、母にせがんで「こだま」で京都まで行くことにした。


新幹線は速さが売りだが、私は毎回、一秒でも長く乗っていたい、米原を抜け、長いトンネルに入り、トンネルを抜けると見える京都タワーを望むと、なんだか寂しい気持ちになったものである。


大きな荷物をかかえて、ひとりで東京まで行き、東京で新幹線に乗り換える。
盆か正月には毎度行っていたので、一人で行っても、いつもと変わらぬルートで、予想外に問題もなく新幹線までたどり着いてしまい、拍子抜けした。
新幹線では、たくさん買い込んだお菓子をちょっとずつ食べるのが私の儀式である。
しかし、はじめての道中一人であることに、少しでも大人ぶりたい私は、ポッキーと、読みもしない本をお供に新幹線に乗り込んだ。


二人席の窓側に座った。
「こだま」は、「ひかり」では気づきもしなかったトンネルとトンネルの間にある山の自然も、ほど良いスピードで鑑賞できる。
これで良かった、と私は自分で選んで乗った「こだま」を、なぜか誇らしく思っていた。


隣には、三島から乗ってきたおじさんが座っていた。
そのおじさんは、一人で乗っている私を怪訝に思ったのか、「一人で乗ってるの?」と聞いてきた。
「はい」
私は余所行きの言葉で対応せねばと思って、なるべくおじさんを心配させないように話した。
「何回も行ったことがあるので、大丈夫です」
「どこまで?」
「京都です」
「それはすごいね」
なにがすごいのかはわからなかったけれども、子どもだからってバカにするなよ、と思った。


大人ぶっていた私だったが、ひとつ誤算があった。お菓子をポッキーしか持っていかなったことだ。
「こだま」は「ひかり」よりも到着に時間がかかる、したがってポッキーがなくなってしまうと、食べるお菓子がない時間が長くなるのだ。
ポッキーはもうなくなってしまった。


車内を売り子が通りかかる。
「お弁当にお茶、ビールにおつまみ、静岡名物、安倍川餅はいかがですかー」
感情のない声が、いつもとおなじで私はなぜかその声を聞くと安心した。


「アイスクリーム食べるか?」
おじさんは言った。
「え、ホント?」
遠慮というものを知らない私は、完全に子どものリアクションである。
新幹線のアイスは高い。
そのことに気づいて、
「いいんですか?」
なんて言ったりしたがもう遅い。私は完全にアイスクリームを出迎える気分で昂揚していた。


おじさんは、カップに入ったアイスを二つ買ってくれた。
「はい」
と言ってひとつを私に渡すと、おじさんは自分の分は座席の前のテーブルに置いて、まだ食べる様子がない。


「いただきます」
と言って、私はアイスのフタを取り、フタの裏についているやつをこそいで食べ、本丸であるカップに入ったほうをどうやって切り崩すか思考する。
アイスはカチカチに冷えている。
フタのほうのを口に入れると、冷たさのなかから、甘いバニラの味が広がって、これでこうなんだから本丸のほうはいかほどか、私の脳は期待する。


いざ、とアイスクリームを食べるときのあの木のスプーンをしっかりと握り、アイスに突き立てた、それはもう、岩石に埋もれる宝石でも探り当てるように。


すると、木のスプーンは冷え切ったアイスの硬さに根負けして、ボキリと折れた。


おじさんを見ると、目をつぶって眠っていた。


売り子はもういない。急にどうしていいものか不安になった。
おじさんには声をかけてよいかどうかわからない。
おじさん、おじさん、おじさん、と、私は心のなかで思って、でもおじさんに知らせたところでどうしようもない事態であることを認識し、ただ呆然とした。
救いを求めるような目で、ただおじさんを見つめた。


すると、おじさんはほどなくして目をあけた。
眠そう目で私を見、
「ん? どうした?」
「いえ、あの……」
なんだか急にスプーンを折ったというドジをどう伝えてよいのかわからなくなり、緊張して私は、言葉を詰まらせた。


「スプーン折れちゃったの? ほれ、これ使っていいよ」
状況を察したおじさんは、そういうと自分のスプーンを私にくれた。


「ありがとうございます」
急に安心して私は、遠慮なくそのスプーンを受け取った。


あのあと、おじさんは私の使ったあとあのスプーンを使って自分の分を食べたのか、それとも売り子のとこまで歩いて行って新しいのをもらったのか、まるで記憶がない。


あれ以来、新幹線ではアイスクリームを食べていない。

posted by: サンキュータツオ | 土曜♪随筆(開設〜2009年9月まで) | 22:31 | comments(5) | - |-
私の好きな「土曜♪随筆」久しぶりな気がします。嬉しい♪
タツオ少年の切実な心の叫びがおじさんに届いて良かったね!でもおじさんのアイスの行方が気になるの。
| koko | 2009/03/29 2:51 AM |
ハーゲンダッツの登場以前は、あれは最高級の御馳走アイスでしたよ。

特に特急以上の列車でしか食べれないっていう高いハードルがいいんだ。

僕には、カチカチ感も含めてありがたい物でした。

それなのに、ヤングトラウマのせいで、あんなに良い物を楽しめないなんて。

ちなみに僕は、ブルートレインでおねしょして以来、夜ジュースが飲めなくなりました。
| kujira | 2009/03/29 3:53 AM |
>kokoさん、

どうも。久しぶりの土曜随筆です。
kokoお母さん以外、ほとんど愛読者がいないことで有名です。
いろいろ言葉にしがたい感情を書いてゆきます。


>kujiraさん、

夜ジュースが飲めないほうが不幸だよ!




| タツオ | 2009/03/31 8:45 PM |
私以外ほとんど読者がいない?なくなっちゃわない?私の好きな物はいつの間にか店頭から消えたりしてます…。
言葉にし難い感情を感じとれて文章で表現出来るって才能だもん。それにタツオさんの「土曜♪随筆」は読後感がいい感じにノスタルジック。あとタツオさん本人は気が付いてないと思うポイントがひとつ。意図的になったら、まるで良さがなくなるので内緒です。そう感じているのも私位かもしれませんが…(泣)これが母性本能?
| koko | 2009/04/01 12:20 AM |
>kokoさん、

>私の好きな物はいつの間にか店頭から消えたりしてます…。

ちょっ、待っ……
| タツオ | 2009/04/05 2:45 AM |