Profile
  メッセージを送る
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
米粒写経HP
米粒バナー
サンキュータツオと居島一平のコンビ「米粒写経」。 オフィス北野所属。
アニメ会公式HP アニメ会公開秘密基地
アニメ会バナー
「オタク芸人トークユニット」アニメ会のホームページ。 サンキュータツオもメンバーのひとり。
東京ポッド許可局
東京ポッドバナー
マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオ、3人の文系芸人が行間を、裏を、未来を……読むラジオ。エンターテイメント(楽しい)とインタレスト(興味深い)を両立させた「おもしろい」があるポッドキャスト。毎週日曜日更新。
アニメ会のポッドキャスト「ヲタめし」
ヲタめしバナー
アニメ会(国井咲也、三平×2、サンキュータツオ、比嘉モエル)でお送りするポッドキャスト。これさえ聴けば、いまどのアニメがおもしろいのか、いまアキバ系でなにが熱いのか一発だ! というわけで、いますぐ「ヲタめし」あれ! 毎週火曜日更新。不定期出演。
漫才バカ一代
漫才バカ一代バナー
米粒写経が主催する漫才オンリーライブ。年4回、3,6,9,12月開催。 ですが、レギュラーメンバーのスケジュールが合わず、次回は未定。 漫才バカ一代のページ、またinfo@kometsubu.comでもご予約受け付けます。
オフィス北野
オフィス北野バナー
所属事務所のオフィス北野です。
北野笑科大学
北野笑科大学バナー
携帯で事務所のタレントのネタが見れる!?
DVD『珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜』(1)(2)(3)

サンキュータツオの初声優作品!? 漫☆画太郎先生の傑作が春日森監督によってフラッシュアニメ化! 酒の肴にどうぞ。
サンキュータツオ
オリジナルデザインTシャツ
Tシャツリンク_1 Tシャツリンク_2
「一コマ目から好きでしたっ」
オタク心を代弁した魂の一枚をあなたも!
Links
New Entries
Category
Archives
Recent Comment
  • 【『栄養と料理』連載:2月号「グルメ」 サンキュータツオのそのコトバ、国語辞典に聞いてみよっ】
    akikom (11/13)
  • 歌詞が頭に入ってこない
    とも (10/26)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    薔薇が咲いてるね (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    はー (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    ひー (10/19)
  • 【東京ポッド許可局JAPANツアー ご来場感謝 #tokyopod 】
    ふー (10/19)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    てつ (10/14)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    いー (08/01)
  • 【4/23(日)サンキュータツオ プロデュース公演「ていおん!」下北沢シアターミネルヴァ 来てね〕
    koko (05/25)
  • タモリの弔辞は白紙だったか検証してみた。
    とたか (05/19)
Recent Trackback
  • 水道橋博士のメルマ旬報 連載:サンキュータツオのお笑い文体論 「POSION GIRL BAND研究」連載開始しています
    Nowpie (なうぴー) お笑い芸人 (08/09)
  • 【ネタバレあり】『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 タツオ解釈DAT編 〜やはりDATは見ていた!〜
    しげの樹 (11/25)
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 タツオ解釈DAT編
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 タツオ解釈

6月27日に公開されてから、気づいたら一週間、毎日見に行っていました。
7日間で7回。
カット割りからなにから記憶しないと安心できないほどになり、立派なヱヴァンゲリヲン中毒になりました。

以下は、ネタばれを含みますので未見の方は読まないようにしてくださいね。
「あれってこういうことだったらいいな」という、タツオドリーム解釈です。

今回は、DATに関する私の解釈を述べたいと思います。
あと、メモ。

◆なぜ綾波さんは、シンジにとってDATが特別なアイテムだということを知っていたか

今回、DAT(ウォークマンの進化形のような、MD時代に次世代携帯音楽メディアとして台頭していたもの)が非常に重要な小道具として登場しておりました。
95年のテレビ版オンエア当時では、DATはまだ現役で活躍しており、音にうるさい人が持っているイメージでしたが、いまではシンジ世代がDATを愛用しているのはやや不自然。
ということで、今回の『破』で、このDATが、ゲンドウが昔使っていたものを、「先生」のところから持ってきた、という解釈が追加され、DATがシンジとゲンドウを結ぶアイテムになっておりました。
なんて素敵な解釈なんだと感動いたしました。

このDAT、テレビ版だと26でリピートしていたのが、『破』ではじめて27まで進むという暗示的シーンがあり、私のなかで流行している「新劇場版は作り直しではなく、26話「まごごろを君に」の続き説」を強化する論拠にもなっているわけです。

さてそのDAT、アスカとの一件があって、シンジがNERVを出る際にゴミ箱に捨てたものを、綾波さんが発見して立ち止まり、しばらく凝視した後に、拾い上げるシーンがありました。

結局、このDATは、綾波さんが決死の覚悟でエヴァに乗る際、わざわざ機体にまで持ち込んだという意味で、「シンジとゲンドウを内包するモノ」として、「ゲンドウのメガネ」よりも綾波さんにとって大きい意味を持つものとして描かれているわけですが、日常でそんなにシンジが使っているところを見ていないはずの綾波さんが、なぜそのDATがすごく特別なものだと知っていたか、という疑問がここで浮上します。

むろん、もしかしたらシーンとして描かれていなくても、日常的にシンジが使っていたところを見ていたのかもしれません。
しかしこのDATは、綾波さんにとって、ゲンドウのメガネより大きな存在感を持っているので、シンジ>ゲンドウとなっていたというよりは、シンジ+ゲンドウ的なものであると考えたほうがドリーム解釈です。

ひとつの可能性として考えられるのは、シンジの精神世界シーンで、DATのことを述壊しているところがありますが、あそこに綾波さんがいるということです。要するに、綾波さんは、人の精神世界でのデキゴトも把握している、という解釈です。そうであるからこそ、あのDATがシンジ+ゲンドウである、と結論付けられるのだ、という考え方。可能性はないとはいえません。
少なくともあのシーンは、綾波さん自身が知っているかどうかはともかく、視聴者にとっては、DATが「シンジ+ゲンドウ」を象徴するものとして印象付けるには充分なシーンです。

しかし、私は綾波さんが、ゴミ箱の前であのDATを見たとき、完全にフリーズして凝視している理由、なぜあれが特別なアイテムなのか、という疑問に応える解釈として、もうひとつの可能性を提案したいのです。

それは、「綾波さんのなかに無意識に残っているユイの記憶が、あのDATを特別なものだと認識させた」ということです。
ゲンドウは、碇ユイと夫婦関係にあり、すでに亡くなっている人物です。実は、映画本編には出てきませんが、今回の『破』では、冒頭、タイトル明けにこのユイの墓参りシーンからはじまっています。
ユイはうっすらと存在しているのです。

さて、ゲンドウは貧乏な男でした。
碇ユイと知り合って、婿養子にはいるような形で、碇ゲンドウとなりました。
そんなゲンドウがなぜDATを持っていたか?
音楽など聞きそうにない彼がなぜ?
しかも音にこだわるようなDATを?

答えはひとつです。
そう、あれはユイがゲンドウにプレゼントしたものなのです。

ユイは理系の女性です。
家電とかにもちょっと詳しい感じです。
そのユイが、ゲンドウにプレゼントした数少ないもののうちのひとつが、あのDATだったのではないでしょうか?

そう考えると、ユイ没後、わざわざ自分はいない「先生」のところに、DATを保管している、ということもつじつまが合います。
破棄していても不自然ではないモノを、残している。これは、あれがユイからのプレゼントだったからです。

ユイがゲンドウにDATをプレゼントをした。
その記憶が、無意識に綾波さんのなかに残っているからこそ、あのDATをゴミ箱にあるのを発見したときの、なにか目を奪われて立ち止まっている感じがあるのです。
そして、「ゲンドウ+シンジ」を象徴するアイテムとして、エヴァのなかに持ち込む、という行為が、なによりもユイっぽさを出しているわけです。

ちなみに、シンジが聞いている懐メロも、きっとゲンドウが聞いていたころの曲を、シンジが聞きたいからなのでしょう。シンジのファザコンぶりがうかがえる、割かし粘着質な性格がうかがえますが、あの手の曲も、DATに入っていたものだったに違いありません。


どうでしょうか?
あのDAT、みなさんあまり語らないですが、非常に重要なアイテムでしたので、こういう解釈だとドリームではないですか?


◆真希波・マリ・イラストリアスは何者か?
ゲンドウと、赤木博士(律子の母)の子どもだと思います。髪の毛の色が律子母とおなじです。
なわけないんですけど、だったらおもしろいなあ、という。
というわけで、マリは、父親に会いにきたというよりは、お姉ちゃん=律子に会いにきたのではないか、という。ドリーム解釈。


◆庵野秀明という文体
あと、これはあまり指摘されていないことですが、新劇場版では、TV版で多用された、「明朝デカ文字」が全く使用されていない、ということが結構大きい演出の改変なのではないかと思います。
あれだけ海外の映画、そして国内のTVなどで流行した「明朝デカ文字」。エヴァといったらコレ!というくらいのイメージでしたが、今回まったくなりを潜めている。
それでも、この映画、エヴァだわあ、庵野だわあ、ってじわーっと実感できるのってすごいことだと思いませんか!?

アバンでのマリの戦闘シーン、ほんの数秒観ただけで「う、庵野っぽい!」と思わずうなってしまうことって、すごいことだと思います。
「機体が重い!」というマリのセリフが言い終わるか終わらないか、そのギリギリところこで別カットへ移行する瞬間とか、いわゆる「庵野節」というやつで。
この「節」とかいう言葉も感覚的に使われますが、要するに文体と同義。

あの文字の演出が消えうせても、カット割りや間合い、リズム感などでその人の演出であることを感じられるのは、それだけ庵野秀明という監督の細部にまで染み渡っている演出のこだわりが多い、それが彼の文体を構成しているといえましょう。

すげえ、すげえ天才がいたもんだ。
完全に「アニメ脳」の人ですよ。実写はやはり向いてません。

今回の『破』を観て、結局私は、エヴァではなく、庵野さんが好きなんだ、ということを実感しました。
いや、もちろんアスカも好きですけれど。



と、以上書いていると限りがないので、このへんにしておきます。
いろいろな謎がある方、コメントしていただければ、私なりの解釈を語らせてもらいますので、よろしかったらどうぞ。
posted by: サンキュータツオ | ◎週記(2009年4月〜) | 22:57 | comments(3) | - |-
んー。
こういう話を熱く語る貴殿が大好きです。

なんかドンドンこの解釈が正しい気がしてきた。
とくにマリは律子母の子供とか笑
こういう視点でアニメがみれるってすごいなぁ。
というかうらやましい。

すみません。
軽い内容しかコメントできなくて。
内容についてのするどいツッコミはきっと他の人がしてくれるハズ!笑
| bio | 2009/08/02 1:22 AM |
DATはわたしも見ました。
ある意味で超国井なアイテムだぁ、とか思いながら。絶対もってますよね。

マリとぶつかっておかしくなるあたりも、おぉそろそろ来るんだな、と心の準備をうながされたりもしていい道具です。

なによりもシンジくんのパパっ子ぶりが強調されるアイテムとして昇華されたのは、サンキュータツオさんがおっしゃられますように本当にしあわせでよかったです。シンジくんはやっぱりお父さんが大好きなのです。
これにより、ゲンドウもシンジくんのことが大好きなのではないか、いや好きに決まってらぁという前提で、作品と向き合うことが容易になった気がします。ゲンドウの9割のツンが、デレの裏返しであると確信しやすくなりました。
ゲンドウは基本、シンジくんに冷たくしてみせます。そして隙あらば(ラミエルのときなんか反撃直撃後にちょっと呻いてただけで)エヴァから降ろそうとして、なんだかいじめっ子が嫌いなヤツをハブろうとしている風にさえみえます。
しかし考えてみれば、ネルフだのゼーレだのは常に命懸けの組織であり極道の世界です。親であれば、可能なかぎり関わらせたくないのは当然であり、碇家の場合も然りです。
もっとうまいこと懐柔すれば、シンジくんごときなら簡単に扱えると思うのですがそれをしない。どころか、逆に反感を育てるようなことばかりしてきます。普通に考えるとただの嫌な人であり、使徒の脅威にさらされている状況で優秀なパイロットを潰すだなんて、意味がわかりません。が、「もうやってらんねぇ」と自主退役をうながしてシンジくんだけは少しでも平和な場所にいてほしいと願う親心からくる行動だと思えばだいたい納得がいきます。
現場の問題としてパイロットを失うのは痛すぎますが、これはダミープラグが完成してしまえば問題はありません。出来上がったダミープラグを見つめるゲンドウを見てください。撫でてます。ゲンドウもシンジくんが大好きなのです。

と、いう解釈につなげてくれたDATはもうありがたいとしかいえません。

サンキュータツオさんのご意見にはおおむね同意なのですが、ただ、綾波さんがフリーズして凝視する点に関しては異論があります。
それは、綾波さんが「フリーズして凝視する」という行動自体はけっこういつものこと(かわいい)なので、これについてはDATはあまり関係ないような気がします。ぽかぽかします。

◆マキ
謎であること自体がおいしすぎて、その存在がなんなのか妄想するのをうっかり忘れていました。リツコの妹ってのはドリームですが、ドリームすぎる気もします。
シンジくんは冬月の子供説(というのがあるらしいです。だからゲンドウが冷たい、となるらしいですが、だとすると上記したゲンドウ×シンジくんのぽかぽかが根底から覆されそうなので否定したいです)よりもドリームだと思います。

◆庵野秀明
たしかに市川崑ばりの黒字にデカ明朝で、てのは間のアイキャッチくらいでしか見られませんね。
警報とか操作機器とかにはたまに明朝体で書いてあるにしても、その程度で。
文字を書くと止め絵でも見てもらえて結果として枚数を稼げる、とかいう話を聞いたことがありますけど、新劇場版ではそんなツルセコ技は必要ないってことなのかもしれませんね。
| いぬ | 2009/08/03 4:18 AM |
特徴と言われた明朝体タイポは、「沖縄決戦」程度の使用になっていましたね。

タツオさんは内面を推察したり、特長として「市川昆」が特に好んで宣伝で使用した明朝体タイポグラフィーを監督が好んで使用していたのを取り上げたりとわかり易いのも良いですが、
アクションシーンをこれでもかと繋げて高揚感を持続しながらそれでいて納得してしまう、絵造りの部分の解説もして欲しかったなと思います。

恐らくここ10年のアニメの中であのアクションは最高峰だと思います。
OPアニメの動きが凄いと評判になる事から、アニメは動かない綺麗な絵のカットが多いことが特徴でしたが、動いて物語が進行するなんて東映動画か宮崎駿ぐらいしかお目にかかれないものでした。


●「破」に込められた「絆」
DATの判りやすいシンボルから推察する裏話もさる事ながら、今回のテーマは 破壊された、または破壊してしまった者との「絆」を結ぶ事と考えると興味深いものがありました。

父はヱヴァと、シンジは父と、綾波は好きな人の為に、アスカは人との温もりを(前半は人との関わりを否定しゲーム機と一生懸命身コミュしていた)、ミサトはカジと、、そしてヱヴァから逃げ出したシンジは自分の心と初めて接触し絆を結ぶ。(綾波を助ける事で表現されてました)


ところで今回、携帯電話の使用がドラマのキーになるシーンが多くあった思います。

ヱヴェに乗れば必然と外界からの通信が行われるもの、日常では人と対面で話す以外は一人が多くなるワザと孤独感を演出するロボット物で多く描かれていた、パイロットとしての絆と人としての絆をもってきた庵野監督らしいエピソードです。

| カワ | 2009/08/04 1:18 AM |